民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 出世とは

<<   作成日時 : 2009/04/27 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

若い頃は、部長クラスの人が一日中ワープロを叩いているのを見て、平和なもんだなと思っていたものだった。

そんな自分が、部長にもなっていないのに、今日は一日ワープロを叩く羽目になってしまった。
プログラムコードを書いているよりも、ドキュメントを書いているほうが、何となく出世したような気分になれるのだが、ただ、仕事の感覚としては、コードを書いているほうが楽しいのもまた事実。
出世するというのは、自由を失っていくということでもあるのだ。

外注先に開発を依頼した案件で、依頼当初の仕様書と、実際の出来上がりとで、機能に乖離が生じてしまった。
開発スタート時点では予想できていなかった突発案件などがあり、開発の途中で仕様の変更を繰り返してしまい、ドキュメントと実装に相違が生まれてしまったのだ。

それで、今日は、その、「確実に動く」実装に合わせて仕様書を書き直すのが私の仕事となった。
そうしておかないと、今後、別の人がメンテナンスをする際に、「あれ? 仕様と実装が違う」という話になってしまうからだ。
「仕様はソースから読み取ってください」が通用する人が、必ずしも後任としてやってくるとは限らない。

というわけで、ソースを一本一本チェックしながら、誰とも会話せず、ひたすら仕様書を書き上げていく。
この仕事、人に命令したら「パワハラだ」と言われかねないくらい面倒だ。

結局、今日一日で終えることができなかった。
明日も一日、出世気分で仕事をすることになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出世とは 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる