民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 調子はいいけど、間の悪い話

<<   作成日時 : 2008/10/22 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

お客さまから、ちょっと困った注文が入った。
私のところから納品するデータに関して、規定外の形に変換して渡してほしいというのだ。
微妙な取引規模のお客さんだったので、とりあえず上司に相談。
上司も困ってさらにその上の上司に相談。そして結論として、データの変換手数料を請求してみようということになった。

次に困ったのが手数料の算出。
十中八九、手数料がかかるというなら、それがたとえ百円程度であったとしても、先方は「じゃあ、いいです」と言ってくるだろうということを見越しての提案ではあるのだが、もしも、なにかの間違いで OK されてしまった場合のことを考えるとあまりいい加減な請求はできない。

ここで、考え方として、今後の付き合いもあるので、本格的なデータ変換システムを作ってしまうというのが一案。1回目だけ20万円くらい請求して、後は何度注文されても無料というのを考えた。20万円払ってしまったのなら、お客さんの側にしても、私らの商品を捨てて他社に移ることが難しくなるだろうという読みがある。

別の考え方として、都度、Excel で手変換するというのが一案。毎回1万円程度を請求する形にする。こちらはスポットで人の手当てさえできればいいので、変なシステムを社内に抱えるリスクを負わなくて済む。

結論として、毎回1万円コースで行こうということになって、上司が言うには「じゃあ、Kakihara さんから返事しといて」。
お金の請求の話を私にやらせるという。そのための「名ばかり管理職」なのかもしれない。
で、なるべく当たり障りの無い文章で1万円を請求すべく、作文に精を出していたところ、ふと、「こういう時こそ Groovy 」でどうにかなるんじゃないかと思いついてしまった。
思いついたが吉日で、さっそくGroovy で簡単なデータ変換スクリプトを書いてみたところ、今回の案件にはまさにこれがぴったりであることが判明した。

俺ってすごいじゃんと、有頂天になっていられたのもつかの間。

さっき、システムを組むと20万円くらいかかると上司の上司に報告したのは私だったのだ...
話の筋が通らない...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
sqliteで検索していておじゃましました。
Excel VBAを数ヶ月前からかじりだして、
最近RDBMSに興味を持ち始めた者です。

オチで思わず微笑んでしまいました。
差額は懐に・・・入れられないですよね(^-^;
一歩ずつ
2008/10/23 00:05
一歩ずつさん、こんにちは。

さらに話はややこしいことに、一歩会社を出ると、実は私はそのお客さまの、優良顧客の一人なわけでして。
「何? 私が払ったお金が回り回って、手数料に化けて会社に戻ってきて、そしてまた私の給料になるの?」
みたいな感じです。
kazuyoshikakihara
2008/10/23 00:12
こんばんは。
なるほど、みごとに輪がつながってるわけですね(^-^;

そう言われてみますと、自分の場合も、目の前で今
キーを打っているノートパソコンの中身と、
当方の所属先のお客様とはつながっているかも
しれません。ということに気づかされました。
(自分の場合は優良顧客には程遠いですが(^-^;)
一歩ずつ
2008/10/23 22:25
この作業、結局、無料でサービスにしてしまったのでした。ちゃんちゃん。
kazuyoshikakihara
2008/10/24 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
調子はいいけど、間の悪い話 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる