民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS バイナリエディタでPDFのフォント関連を書き換える際のメモ

<<   作成日時 : 2008/01/19 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本日の試行錯誤の結果をメモしておく。
「MS 明朝」のPDF内部名は「MS-Mincho」、「MS P明朝」の内部名は「MS-PMincho」。なので、Ryumin-Lightなどで作成したPDF(フォント埋め込まず)をバイナリエディタで開き、「Ryumin-Light」の文字をこれらで置き換えると、MS 明朝やMS P明朝で事実上強制的にそのファイルを表示させることができる。
Ryumin-Light(に限らないとは思うが)で作ったPDFの日本語フォント部分はMS 明朝に置き換えてもそこそこ綺麗に表示される。が、MS P明朝に置き換えてしまうと、縦書きが左右ばらばらになってちょっと醜い。
Ryumin-Lightで組んだPDFをMS P明朝に置き換えると、括弧類の位置が大きく左右にずれ、場合によっては前後の文字と重なったりする。一方、半角英数は綺麗に再現される。
Ryumin-Lightで組んだPDFをMS 明朝に置き換えると、半角英数の字詰めが崩れる。前後の文字に重なるというところまではいかないが、hやwやmといった文字の後ろに不要な空白が生じる(Adobe Readerの場合)。

Sumatra PDF Vierwer の場合、Ryumin-LightからMS 明朝への置換を行っても、半角英数の字詰めの狂いが生じない。どうも、PDFファイルで指定された文字幅に合うように、グリフを引き伸ばして表示する機能が搭載されているようだ。この機能はAdobe Readerには搭載されていないため、この点に関しては、Sumatra PDF Viewerのほうが綺麗に表示される。ただし、どちらの処理がPDFリファレンス的に正しいのかは不明である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
書き替えると、開くときに「修復しています」とかでませんかね?

バイナリー数が変わると、PDF TOOL Kitとかできちんと変わったバイト数を入れないとダメってきいたことがありましたけど…。
笹川%DTPオペ(jdash)
2008/01/20 20:13
うまくやらないとエラーでちゃいますよね。
そのあたりもしっかりメモとして残しておかないと。このブログは私の備忘録でもあるので。
というわけで、詳しいやり方について、別途エントリを立てさせていただきます。
kazuyoshikakihara
2008/01/20 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイナリエディタでPDFのフォント関連を書き換える際のメモ 民芸的プログラミング 〜ソフトウェア開発日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる