テーマ:暗号

暗号利用を訴えるイラスト(2)

今日も内藤さんは失敗してしまったようです。 別件で現行犯逮捕されずに済んだのが不幸中の幸いでした。 大事な部分はちゃんとモザイク、じゃなかった、暗号化されていたのでしょうか? ここまで極端ではないにせよ、運搬中のCD-Rやメモリーカードは紛失の恐れがあります。 セキュアでない場所に持ち出す場合は暗号化しないといけませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KageHinata 0.8.17 リリース そして

7-Zipのバグフィックスに対応した KageHinata 0.8.17 をリリースした。JanusDGXについては、私がうっかりしていた。JanusDGXでは7-Zipのモジュールを使用していない。更新の必要があったのはKageHinataだけだった。 そして、ホームページのデザインを少しだけ変えた。 記事内のイラストは結局今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7-Zip最新版の動作確認

7-Zipの旧版にはセキュリティ上の問題があるということで、拙作のKageHinata、JanusDGXの同梱ファイルも最新版に置き換える必要がある。 今日、7-Zip最新版をダウンロードしてきて、ファイルを取り出し、動作を確認してみた。 コマンドラインスイッチに変更はないようで、基本的にexeとsfxの各ファイルを置き換えるだけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GnuPGは2.0系列ばかり改良されて

今日、GnuPG 2.0.7がリリースされたようだ。改めてGnuPGのホームページを読んで見ると、GnuPG 1.4.7はポータブルでスタンドアロンなバージョン、2.0.7は強化バージョン(そしてコンパイルが大変なバージョン)と表現されている。そして、GnuPGの1.4系列の新バージョンはまだリリースの兆しがない。 私が待っているのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PDFにファイルを埋め込んだ場合の落とし穴

まあ、一筋縄に行くとは思っていなかったのだが、とりあえず、最初の落とし穴にはまってしまった。 昨日、プログラムで添付ファイル付のPDFを生成できそうな情勢になっていた。 参考にAdobe Acrobatで作ったPDFファイルの添付ファイル名の格納方法が、PDFのリファレンスの記載と違うような気がして釈然としないのだが、それは小さな問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PDFにファイルを埋め込む方法を模索中

暗号コンテナにPDFを使うというアイデアを捨てきれないので、妥協策として、次のような案を考えてみた。 これまでは、既存のPDFにファイルを添付し、それを暗号化しようとして壁に突き当たっていた。が、単に白紙(あるいはごく簡単なメッセージのみ)のPDFをあらかじめ用意し、それにファイルを添付するだけなら、何とか打つ手はある。そうやって添付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PDF-XChange Viewerを試せない理由

ホームページのほうで、PDFの注釈機能を使ってファイルを添付してから暗号化すれば、PDFファイルを暗号コンテナとして使えるという記事を書いたことがあった。ただし、それには、Adobe AcrobatやソースネクストのいきなりPDF Professional 3 (説明扉付スリムパッケージ版)(Acrobatより安くていい感じだからこっち…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

GnuPGの1.4.8こないね

待ってるんだけど、先に2.0.6が出てしまった。KageHinataをVectorで公開したいのだけれど、どうしようか。GnuPG1.4.8で出すつもりだったけど、それを待ってさらにデバッグしていたのではまた何ヶ月もかかってしまう。 それでは不本意なので、一旦この辺で、KageHinataもJanusDGXも開発をフリーズさせよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SecureZIPの詳細...なんじゃこりゃ

SecureZIPという暗号ソフトおよびそのフォーマットについて調査したので、その結果を報告する。SecureZIPの技術よりも、その歴史のほうに情けない部分があるので、念入りにまとめたつもりだ。 もともと、圧縮ファイル形式のZIPは、Phil Katz氏が開発したものだった。氏は、PKWARE社を設立し、このファイル形式を商業に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

SecureZipの評価をどうしようか悩む

以前、gpg userさんに紹介してもらった SecureZip というソフトウェア、評価しようかどうか悩んでいる。日本語のページでは「無料で入手できるので、メールアドレスを入力してください」という案内しかない。オープンソース、オープンアーキテクチャ大好きの私にとって、これは許しがたいソフトウェアの案内の仕方だ。さて、どうしたものか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RC4が弱い暗号だと言ったのはだぁれ?

昨日から始めている暗号ソフトの機能のまとめ。作業中に、案の定、また自分の見識不足が発覚した。RC4は弱い暗号なんかじゃない。十分に実用的な強さだったのを知らず、RC4は暗号としては強固なほうではなく云々と恥ずかしい記述をマイホームページ上でやらかしてしまっていた。とりあえず、間違いのほうは今日修正しておいた。 RC4を採用した無線…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

暗号専用ではないソフトの暗号機能

マイホームページのほうで、「暗号専用ソフト」以外のソフトの暗号機能について、調べた結果をまとめはじめた。 ファイル圧縮ソフトだとか、Microsoft Officeでファイル保存の際にパスワードをつけた場合だとかについて調べてある。 http://www7a.biglobe.ne.jp/~kzworks/wikis_11868447…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Cipher.exeでディスクの中身を消してみる

何ヶ月か前、ファイルの削除に関して、このブログでそこそこ盛り上がったことがあった。先日、たまたま会社でファイルを削除しなければいけない案件が持ち上がり、Cipher.exeを試す機会に恵まれたので、その状況を、会社に迷惑のかからない範囲で報告したいと思う。 作業の概略については http://support.microsoft.…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

JanusDGX 0.8.5リリース

KageHinataに遅れること一週間。本日、JanusDGXの新バージョンをリリースすることができた。KageHinata同様、これまでのバージョンと内部構造が大きく変化しているのだが、ユーザーさんにとっては「細かいバグがとれただけ」のバージョンアップでしかないだろう(場合によっては新しくエンバグしている可能性もあるが)。 語る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KageHinata インストーラ版差し替え

先日、市さんのコメントにあったように、KageHinataのインストーラ版に関して、インストーラのバージョン番号の更新を忘れていたので、これを修正し、本日、再度アップしなおした。バージョン 0.8.16が正しい。なお、既にインストールしてしまった人については再度インストールしなおす必要はない。また、ポータブル版への影響はない。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KageHinata 0.8.16 リリース

これまで、ユーザーの方から指摘されていた問題点を解消し、また、従来から内部構造を一新して拡張性を持たせた KageHinata 0.8.16 をリリースした。内部構造は変わっているが、ファイルの構造には変化がないので、これまでの鍵ファイルは引き続き使用できるし、これまでに暗号化したファイルもそのまま使用できる。あわせて、KageZous…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KageHinata に新機能は付くか

何とか KageHinata(影日向)に、暗号機能付きテキストエディタを装備してやろうとコードをいじくりまわしていた。今日明日で何とかなるならば、実験的な機能ではあるが、今週末のリリースに含めたいと思ってがんばっている。 ・テキストエディタで入力したテキストを、暗号化してクリップボードにペーストする機能 ・クリップボードにペース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JanusDGX,KageHinata 29日リリースを目指して

JanusDGX,KageHinataのデバッグは順調に進んでいる。 何度かこのブログで告知しているように、今回、ソースが大きく書き換わっているため、いつもより慎重にデバッグをしているつもりだ。 デバッグ中に、改善事項が見つかってまた手戻しになってしまうこともあるが、それでも、ゆっくりながら作業が進捗していることには違いない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KageHinata再起動

ソースの改修が進み、今夜、やっとKageHinataが起動できるまでになった。 JanusDGXのほうはさらに中身が複雑なので、まだ時間がかかりそうだ。 これで、明日には、先日来ユーザーさんに宿題をいただいている件について、いろいろとテストができるようになる。 今すぐテストを始めたい気持ちもあるのだが、こういう作業というものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バグレポート御礼

とあるユーザーさんから、またバグレポートが届いた。 現象を確認しようとプログラム大修正中のKageHinataを起動しようとしたが、まだ、起動できる段階には至っていなかった。 今週末を使って、どうにか起動できる(色々なテストができる)状態には持っていかなければなるまい。 今回、バグレポートをくださったユーザーさんは、ご自分でも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JanusDGX 0.8.4に不具合

ユーザーさんからのメールで指摘された。 JanusDGXで、鍵輪管理機能を使っていない場合に、「他のユーザーの鍵情報を見ることができない」「署名を検証できない」という不具合が見つかった。 ただし、残念なことにこのバージョンのJanusDGXはソースコード毀損直前のバージョンのため、事故内容の精査ができない。 今残っているソ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

微妙なタイミングで改造開始

一人でプログラムを作っているせいか、JanusDGXにしても、KageHinataにしても、コーディングルールが一貫していない。 そのあたりが気になり始めて、今日、思い切ってプログラムの大改装を始めた。 GnuPG1.4.8のリリースまでまだ数週間かかるだろう。 その1.4.8の安定度を確かめてから、JanusDGXやKage…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GnuPG 1.4.8は近い?

昨日、GnuPG 2.0.5がリリースされた。 自分としては当面、GnuPGのV2系列は使うつもりはない。 JanusDGXやKageHinataの暗号化エンジンとしてバックエンドで使うには、V1系列のほうがコンパクトで扱いやすいのだ(それでも大きすぎるとは思っているが)。 で、GnuPG2.0.5リリースのお知らせの中で、数…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

セキュリティによく効く一言

凝った解説記事をたくさん並べるよりも、何か短い言葉で表現したほうが、よく伝わるのではないかと思い、頭をひねってみた。 情報セキュリティの維持に大切なこと、それは「大人になること」 この一言で決まりかな。 「大人なら、怪しいホームページを見たりしない」 「大人なら、怪しいソフトをインストールしたりしない」 「大人なら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JanusDGX KageHinata ともに公開ソースに漏れがあるのを発見

これって、GPL2違反かな? 今日、JanusDGXとKageHinataのソースに手をいれていたら、収拾がつかなくなった。 こういうときに限ってsubversionでスナップを作成していない(マーフィの法則発動)。 どうしようかと悩んでいたところ、ふと、自分のホームページで公開しているソースがあることを思い出した。 暗号ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JanusDGX および KageHinata 緊急改修バージョンリリース

...面目ない。 先日、市さんのコメントにあったように、バグが見つかったので、急いで両ソフトウェアを改修し、アップしなおした。 バグが混入するのは、自分の技量の問題、精神状態の問題などあるのだが、今回の件を分析してみるに、以下のとおり。 心理的問題 ・目の調子がよくないことで、集中力が減退していた。 ・会社仕事も繁忙期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RFC2504

今日、東京は改めてブログに書きたくなるくらい蒸し暑い日だった。 暗号技術を、もっと上の視点から見てみようと、ネットを探していたら、このようなRFCがみつかった。 ユーザのセキュリティハンドブック http://www.ipa.go.jp/security/rfc/RFC2504JA.html 情報セキュリティとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

KageHinata および JanusDGX 新バージョンリリース

KageHinata,JanusDGXともにこれまでは小改良の繰り返しできたが、ここに来て、両ソフトウェアとも大きな改造を加えた。 見た目に変化はほとんどないが、内部ではプログラムの共通部分がかなり増えている。 KageHinataについては、これまでこのブログで論じてきたfor your eyes only(親展)機能が付加さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more