テーマ:芸術

秋葉原で天野喜孝展

山手線か何かの車内広告で見たことがあったような気がしたので、見に行きたいと思い、色々と検索してみたのだが、なかなか情報が見つからず、何かの見間違いだったのかとさえ思っていた。 が、執念でやっと見つけた。 http://www.artvivant.net/events/detail/4535/ 秋葉での開催は明日7/4まで。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵にはどれほどの背景が必要か?

背景といっても、描き込まれている背景のことではない。 絵の描かれた状況だとか、絵にまつわる話だとか、そういった付随的な話のことだ。 Bunkamura のレンピッカ展を見ていてそんなことを考えた。 http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/10_lempicka/index.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デコブーム

デコが流行っているらしい。 携帯電話だとか、チョコレートだとか。 最近は鉛筆まで。 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/toys/?1265696682 ...?! もしかして、「デコ」って、「デコレーション」の「デコ」? いわゆる「デコチャリ」なんかの「デコ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地チベット展を見てきた

上野に行くたびに見に行きたいと思っていたのだが、いつも行列しているので、なかなか踏ん切りがつかずにいた。 それが今日、ふと見ると、行列がなくなっている。 これはチャンス! ということで行ってきた。上野の森美術館の聖地チベット展。 http://www.seichi-tibet.jp/ 微妙に政治的なプロパガンダの匂いがしたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吸血鬼ハンター求む

金に糸目はつけない。 凄腕のハンターを一人どうしても急ぎで。 どうしたのかって? 身内が貴族にやられたのかって? そんなことじゃない。先週、天野喜孝展を見てきたからに決まっている。 ただ、ハンターを探すのは簡単ではない。 なんせ、版元が消滅してしまっているのだから。 菊地秀行作の「吸血鬼ハンターD」シリーズを出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天野喜孝展 Amano Galaxy を見てきた

早目に仕事を切り上げ、下北沢で知人のこじんまりとした展覧会を見てテンションを上げ、そして、表参道ヒルズ地下で開催中の「天野喜孝展 Amano Galazy」(入場料 1,000 円)を見てきた。 http://amanogalaxy.com/p/html/ag/ 入口からして黒ずくめ。スタッフももったいぶった態度で、なかなか雰囲…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

3000年前の八頭身美人 ~ トリノエジプト展

大きな油断だった。 何の根拠もなく、たいして混雑していないだろうと思い込んでいた。 で、美術館のチケット売場に着いて初めて愕然とした。 「3列になってお並びくださーい」の声。 入場制限こそされていなかったものの、なかなかの行列。 今日見学に行ったのは、東京都立美術館で開催中のトリノエジプト展。 http://torino…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アマルフィ 女神の報酬」を見に行ってきましたよ

とりあえずネタバレなしで。 お台場のガンダムをみた直後だからだろうか。 なんてコンパクトにまとまったストーリーなのだろうと、そこに感心した。 (中に人が入って操縦できて、人のような形をしたロボットとしては、ガンダムはコンパクトな部類に入る、ということをお台場で実感してきたばかりだった) 次々に張られていく伏線。それが最終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム再発見

お台場のガンダム、見てきた。 PHS のしょぼいカメラで写真も撮ってきた。けれど、ネットを探せばもっときれいに撮れている写真がいくらでも見つかるので、ここでは公開しない。 写真で見ても分からない、現場で見て初めて分かる感動というものもあるのだ。 いや、お台場のガンダムこそ、是非、実物を現場で見てもらいたいと思う。そんなガンダムだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜかこの動画が面白い

笑った。本当に笑った。なぜだか可笑しくて。 話題のこの動画。 【自民党ネットCM】プロポーズ篇 http://www.youtube.com/watch?v=kZpSfahQ--0 全然、自民党の宣伝になってないwww 最後の「根拠がある。自民党」という一言を聞いたところで吹きだしてしまった。 プロポーズされる女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立新美術館でラリック展

六本木の国立新美術館でルネ・ラリック展をやっているので見に行ってきた。 http://www.tokyo-np.co.jp/event/lalique/ 国立新美術館に行くのは初めてだった。 東京メトロの乃木坂駅に直結しており、雨でも傘がいらない。しかし、一部は屋根だけしかない空間なので、この時期、暑い分には暑い。直結している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アニメの殿堂」に反対

なにやら文化庁が中心になって、「アニメの殿堂」なるものを作ろうという動きがあるそうな。 一大政策論議にもなっているのだとか。 私はこの「アニメの殿堂」については反対の立場。 アニメに限らず、文化に国が干渉することのほうがおかしいと思うから。 文化は一人一人が育てていくものであるし、国という概念があってはおかしいから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーヴル美術館展 100分待ち!

今朝10時前に上野駅の構内に異様な行列が出来ていた。 何かと思ったら、ルーヴル美術館展の入場券を駅の構内の販売所で買ってしまおうと考えている人たちの列だった。 駅を出て上野公園内に立ち入ると、今度は国立西洋美術館の脇の案内所のところにも行列が。 やはりルーヴル美術館展の入場券を買おうとしている人たちの列だった。 では、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーブル美術館展 よかった

先日、国立博物館に阿修羅展を見に行った後、国立西洋美術館のルーブル美術館展を見に行った。 ネットの情報によると、午後3時を過ぎると、混雑は若干緩和されるとのこと。 西洋美術館の前に着いたのが午後4時だったし、金曜で午後8時まで開館時間が延長されていたので、時間的にはちょうどいい塩梅だった。 外からちらっと見たところ、行列はかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝「阿修羅像」拝観(3)

阿修羅展には、阿修羅像以外にも見所はたくさんある。 阿修羅展以外にも、国立博物館には常設の展示物があり、色々と勉強できるようになっている。 しかし、今回は、午後3時過ぎを狙うという作戦だったため、逆に、これらの常設展示物を見学する時間が取れなくなってしまった。 阿修羅展の入場券の半券を持っていると、後日(8月くらいまでだったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝「阿修羅像」拝観(2)

ブログで宝探しキャンペーンのお宝マークのために、記事をわざわざ分割してみた。 さて、国立博物館の建物に入ってみると、時節柄、消毒液が設置されている。自由に使っていいようだ。 職員の方もマスクを着用している。 くしゃみをしていない人がマスクをすることにどの程度の意味があるのか不明だが。 今回、興福寺から来ているのは阿修羅像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝「阿修羅像」拝観(1)

昨日考えたことと逆のことをやってしまった。 インフルエンザが怖いから人込みを避けよう、善光寺のお参りは諦めようと、そう決意したばかりだったのに。 ふと、国立博物館でやっている「阿修羅展」を見に行きたくなってしまった。 どうのこうの言って、仕事が忙しくて(慌しくて?)、なかなか「阿修羅展」に行けなかったのだが、もう開催期間が6月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーブル美術館展混雑中

上野動物園に行くついでに、国立西洋美術館でやっているルーブル美術館展を見ようとした。 朝9時半を過ぎた頃に上野に到着。 で、まず国立西洋美術館へ。 ぱっと見たところ、すでに行列。待ち時間30分とのこと。 というわけで、先に動物園に行くことにした。 で、動物園であれこれ見物していると、出てくるのが4時を過ぎてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまでも筋の通ったひどい本

岡本太郎の「明日の神話」が渋谷で公開されたためだろう。近所の書店でこの本が大量に積まれていたので買ってきて読んでみた。 自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)青春出版社 岡本 太郎 ユーザレビュー:自分にとって初めての ...生き方考え方がとても ...読めばスッキリこのお ...Amazonアソシエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井の頭自然文化園の彫刻園を見てきた

先日、このブログの記事に書いた長崎の平和祈念像の原型を見に、井の頭自然文化園の彫刻園に行ってきた。 井の頭自然文化園は、吉祥寺の駅から意外と歩いたところにある。 井の頭公園は駅のすぐ近くにあるというイメージだったが、公園自体が大きいので、外周に沿って歩いて自然文化園まで行くと、10分近く歩くことになるのだ。 で、彫刻園はさらにその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和祈念像のレプリカ

今日、人から聞いて初めて知ったのだが、長崎の平和公園にあるあの有名な「平和祈念像」は、実はレプリカなのだそうだ。 一応、Wikipedia でも検索して裏を取ってみた。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%A5%88%E5%BF%B5%E5%83%8F 「原型は…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

絵の中に音を感じる瞬間

昨日から目の調子が悪くて。とりあえず左目の充血が引いたので、上野の国立西洋美術館に出かけた。 ヴィルヘルム・ハンマースホイ展。一枚目から何だかピントのぼやけているような絵で、いよいよ俺の目はダメかと勘違いしてしまった。いやはやとんでもない。 絵から 5m くらい離れて見たほうが、この人の絵の繊細さはよく分かる。 絵のほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真と見間違うほどの絵を描く男

ジョン・エヴァレット・ミレー という画家がいる。この人の絵、パソコンに取り込んでグレースケール化すると、本当に白黒写真と見分けがつかない。それくらい、物の形を描写するのが上手で、しかも光と陰を捉えるのに長けている。この人の作品が日本にやってきた。 Bunkamura ザ・ミュージアムで、本日より、ジョン・エヴァレット・ミレイ展開催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界に通用する FLASH ムービー

作品のクオリティが高いのは当然として、FLASH ムービーが世界に通用するには、「言葉を使ってはいけない」という制約が出てくる。映像と音楽だけで一つの世界を表現しなければならない。そんな高度な FLASH ムービーを見てしまった。 場所は恵比寿の東京写真美術館。今、「液晶絵画」展というのをやっている。額縁の中に、液晶モニタを配置し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生美術館へ「高畠華宵」展を見に行く

東京大学のすぐ近くにある「弥生美術館」という小さな私設美術館に行ってきた。3月30日までの間は、高畠華宵という挿絵画家の絵が展示されている。薄学なので「高畠華宵」という挿絵画家はまったく知らなかった。通勤の途中にたまたま通りがかった建物の壁にポスターが貼られており、それを見て、じゃあちょっと行ってみるかという気になった。 高畠華宵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サントリー美術館へ、ロートレック展を見に行く

通勤の途上にポスターが貼ってあって、折があれば行ってみたいと思っていた。それが今日、勤め先のフロアの工事立会の仕事が予想外に早く終わったので、チャンス到来となったわけだ。 とりあえず、何も考えずに美術館に入ったわけだが、場所が東京ミッドタウンということもあり、展示品よりも、お客さんのおしゃれさに見入ってしまったりした。 ロートレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜか口の開いている インカ マヤ アステカ展

間違って東京国立博物館に行ってしまうところだった。「インカ マヤ アステカ展」は同じ上野にある「国立科学博物館」で開催中だ。国立科学博物館のホームページ( http://www.kahaku.go.jp/ )で混雑具合を確認できるので、自分のペースで出かけることができる。 待ち時間が10分と出ていたが、まあ、それくらいのほうが立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「受胎告知」の鑑賞のコツ

東京国立博物館で 「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」 という特別展が開催されている。 レオナルド・ダ・ヴィンチのデビュー作ともいえる「受胎告知」(レプリカではない、本物)が展示されている。 これを今日、見に行ってきたので、今後、行く人のためにコツをメモしておく。 ・天候の悪い日を狙う。 天気が悪ければ悪いほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more