テーマ:経済

実務家と読書家の差

あまりに東証株価が下がるので、経済に詳しい後輩に話を聞いた。 本から受け売りの私の知識だと「会社の解散価値を下回る株価というのはありえないから、どこかで下げ止まるだろう」というのが一つの見解だった。 しかし、銀行から転職してきたその後輩に言わせると、「何言ってるんですか、Kakihara さん」という話になるらしい。 今日もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解雇はひどいことで、社員には辞める権利がある

今日、CNET のブログを見ていたら、こういうタイトルのエントリがあった。 http://japan.cnet.com/blog/g1sys/2008/10/03/entry_27016660/ タイトルと書いてあることとが微妙に違ってがっかりした。 内容そのものは経営者による「ぶっちゃけネタ」系で面白かったのだが。 「解雇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳の下に二匹目のサブプライムは?

この前読んだ、「サブプライム問題とは何か」(春山昇華)が分かりやすくてよかったので、その続編といわれる、この本を読んでみた。 サブプライム後に何が起きているのか (宝島社新書 270) (宝島社新書 270)宝島社 春山昇華 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 良くも悪くも「続編」だ。 前の「サブプライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイリスク・ハイリターンという言葉の罠

まだまだサブプライムローン問題の勉強中。その中で、投資に関して「ハイリスク・ハイリターン」という言葉がちょくちょく出てくる。しかしこの言葉、統計的に見ておかしいと思うのだ。 より正しく表現すると「ハイリスク、たまにハイリターン」となるのではないだろうか。対になる言葉は「ローリスク、毎回ローリターン」とでもなるだろうか。 そして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周回遅れでサブプライム問題を勉強中

アメリカで住宅ローンの貸し倒れが起こっただけなのに、なぜこのような大騒動になるのか、実はよく分かっていなかったので、少し勉強してみた。 サブプライム問題そのもについては、ここで敢えて説明をする必要はないだろう。Wikipedia にも詳しい説明が出ている。 簡単に説明すると、アメリカで住宅バブルが崩壊し、住宅の値上がりを前提にロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more