RSS2.0 の <description> と <content:encoded> の違いについて

札幌市円山動物園のブログのフィードを解析していて、というタグと、というタグが使われていて、どちらにも記事の本文らしきが格納されていることに気づいた。
自分でフィードパーサーを書く場合、どちらを採用すればいいのだろうか?

ちなみに問題のフィードはこちら。
「円山どうぶつ雑記帳」
http://sapporo.100miles.jp/zoozakki/?feed=rss2

結局参考になったのはstack overflowのこちらの記事。
http://stackoverflow.com/questions/7220670/difference-between-description-and-contentencoded-tags-in-rss2

結論だけいくと、
content:encodedにはHTMLタグ付きでも何でもいいから本文を格納し、descriptionにはテキストのみで要約を格納するものだとのこと。

細かいことは
http://www.rssboard.org/rss-profile
こちらのページにつらつらと書かれている。

"RSS2.0 の と の違いについて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント