ついにアッガイが主役に

なぜか突然見つけたので買ってしまった。

機動戦士ガンダム アッガイ北米横断2250マイル (角川コミックス・エース 195-6)
角川書店(角川グループパブリッシング)
曽野 由大

ユーザレビュー:
バンザイ!兄弟アッガ ...
「オレら連邦愚連隊」 ...
舞台や着眼点はいいの ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ガンダムワールドのお話。ガンダムが登場し、ジオン軍の形勢が不利になったころの北米が舞台。
サイド3 に帰るため、アッガイで北アメリカ大陸を横断することになった兄弟の物語。
ガンダム系のストーリらしく、人の生き様、死に様が丁寧に描かれている。

とかかしこまったことを書いたところで、主役がアッガイである時点で、もう半分はネタ話なわけで。

エンディングがガンダム的でないところが、ちょっと残念だけれども、ガンダム的な終わり方だとそれはかえってアッガイの魅力をスポイルしてしまうだろうから、いいあんばいのところに着地できて良かったというべきか。

アッガイ萌えの方には是非お勧めしたい一冊。
それ以外の人には...ガンダムはもちろんのこと、アッガイに関する基礎知識もないと、笑いどころ、泣きどころがちょっと分かりにくいかな。

"ついにアッガイが主役に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント