やっぱりベーシック・インカムでしょう

昨日、ちらっと Yahoo! JAPAN のトップ記事で見かけたのだが、そろそろ春闘の季節が始まっているらしい。
この不景気なので、定期昇給すら危ういという話だ。
もともと定期昇給などない、中小企業なら、さらに状況は悪いだろう。

なぜ、給料が上がらないのかというと、それは不景気だからであって、会社側が給料の出し惜しみをしているわけでは...そういう部分が絶対に無いとは言わないが、実際のところ「無い袖は触れない」状態に近い会社も多いだろう。
だからと言って、転職しようにも、求人だってお寒い状態だ。

しかし、このまま給料が上がらなければ当然、消費も伸びないわけであって、すると、ぐるりと話がまわって、不景気が続いてしまうわけだ。
この負の連鎖をどうやって断ち切るのか。

従来の発想だと、ここで「公共事業」だ。
公共事業をやれば、そっち関係の企業が儲かる。そっち関係の企業では給料が上がるかも知れないし、あるいは社長さんの金遣いが荒くなって、水商売が儲かるかも知れない。こうやって、連鎖的に景気が底上げされていくというのが、伝統的な景気対策の考え方だ。

だったら、そんな面倒な「公共工事」とかやらなくても、全国民に一律にお金を配ってしまえばいいじゃない、と考えると例の「定額給付金」になる。もう忘れてしまっている人も多いかも知れないが。

それをさらにつきつめて、一時的なものではなく、恒常的なものにしてしまえば、ベーシック・インカム論に近づいてくる。
というか、もうやっちゃえよといった感じ。
国民全員に定期的にお金を配るのだ。
そのほうが、「それでも働く」派にとっても、商売しやすいわけだし。



やさしいベーシック・インカム
サンガ
新田 ヒカル

ユーザレビュー:
未来への投資最近 耳 ...
解りやすいベーシック ...
空想から妄想へ貧困を ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"やっぱりベーシック・インカムでしょう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント