お仕事中にナンマイダ

仕事でお客さんのところを訪問するため街を歩いていたところ、こんなところに出くわした。
http://tsukijihongwanji.jp/
築地本願寺だ。

地図の上に「築地本願寺」とあるのは知っていた。
しかし、現場を通りかかっても、あるのは美術館か博物館ではないかというような、アラビア風? の建物だけ。
まさかと思って看板を見ると「築地本願寺」と書いてあって、びっくりした。
どう見ても私のイメージの中にあったお寺ではない。

新興宗派のお寺ならまだしも、「本願寺」なのだ。

せっかく近くを通りかかったし、時間にも若干の余裕があるし、確か実家は浄土真宗だったしで、ちょっと立ち寄ってみることにした。
お寺だから、基本的に立ち入りは自由だ。

中に入ってみると、いきなりパイプオルガンが設置されている。
しかもお寺なのに、椅子が並んでいる。信者は椅子に座ってお経を上げるようだ。
これは本当にお寺なのか?

解説板を読んでみて、やっとこの変わった建築の謎が解けた。先進的なお坊さんと一流の建築家の夢のコラボによって造られたお寺だったわけだ。
確かに浄土真宗は信仰心が第一であって、形にこだわるような教義ではない。こういうお寺になってしまうのも、浄土真宗ならではなのかもしれない。

築地近辺に住んでいる人にとっては見慣れた風景なのかも知れないが、私は初めてだったので本当にびっくりした。
事前に、そこにお寺があるということを知っていないと、これがお寺だと気付かずに誰もが通り過ぎていってしまうのではないだろうか。
「何か珍しい建物があるね」で済ませてしまって。

しかし、上のリンクを辿れば分かると思うが、最近はお寺もものすごく凝った Web サイトを作るようになっているらしい。こちらにも驚いた。

"お仕事中にナンマイダ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント