文字コードのお話の寄り道

文字コードについて調べていたら、非常によくまとまったページが見つかった。

加藤弘一氏による
http://www.horagai.com/

本日現在、いきなり恐竜の骨格の写真が表示されるので何かと思うが、よくよく下のほうを見ていくと、政治的な話が飛び出していよいよ嫌になって、「誰だこいつ」と思って一番下まで行くと、「文字コード問題を考える」という記事が掲載されている。
この「文字コード問題を考える」のページが、事の経緯から何からよくまとまっていて、わかりやすい。そして、Wikipedia の記述よりもこちらのほうがわかりやすい。
難をあげると、資料の量が膨大なので、読むのに時間がかかること。読みやすいので、時間を忘れて読んでしまった。

しかしまあ、結局のところ、コンピュータを扱ううえで、「文字コード」まわりには色々と問題がありますねという結論に変わりはない。

しかし、このページにたどり着くまでに、ひたすら色々な語句で Google 検索していたら、いつの間にか 2 ちゃんねるに飛び込んでいて、文字コードの議論をしているから、てっきり「ム板」に飛び込んだのだろうと思って、次のスレッドを読もうとしたらいきなりわけのわからない話になっていて、驚いて「上へ」行ってみたら、なんと「言語学」の板だった。
そもそも「言語学」という板があることすら知らなかったし、そこでこんなに熱く文字コード(厳密には文字集合)について語れる人たちがいるとも思っていなかった。

"文字コードのお話の寄り道" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント