義足のランナーはオリンピックに出られないそうな

両足義足の陸上選手で、アテネ・パラリンピック200メートル金メダルのオスカー・ピストリウス(21)=南アフリカ=さんが、北京オリンピックへの出場を希望していた件で、国際陸連(IAAF)は公正でないという理由で出場を拒否したというニュースが見つかった。
ケルン大学に依頼してよくよく調べたら、ピストリウスさんの義足を使うと、健常者の脚と比べて、より少ないエネルギーでより速く走れることが判明したからだという。
これは、健常者の脚を切断して義足にしたほうが速く走れるということなのだから、かなり恐ろしい話である。日本の常識では考えられないが、世界の他の文化圏では本当にわざわざ脚を切断する人が出かねない問題だ。
なので、今回の出場拒否に限っていえば、国際陸連の判断は肯定されるべきであろう。
また、前向きに考えるならば、将来、疲労度や、パワーの面で、健常者の脚とほぼ同等と認められるような義足が開発されれば、ピストリウスさんのように、脚に障碍を抱えた人でもオリンピックに出られるということでもあるだろう。

いや、なぜこの記事が急に気になったかというと、技術の進歩によって、本当にあらゆる機能で、人間の肉体を上回る義手なり義足なりが発明されるのではないかと日頃から思っていたからだ。人間をやめて機械の体になったほうがあらゆる面で便利になったとき、人は、人であることを選ぶだろうか、それとも機械になることを選ぶだろうか。銀河鉄道999に出てきたような機械の体の可能性について、倫理的な面からもそろそろ議論を始めたほうがいいのではないだろうか。

えー、かく言う私であるが、正直なところ、脳にチップを埋め込むことで思考能力がアップするならば、試してみたいと思うことが、日に何度かある。チップでなくても手段は何でもいい、アルジャーノン化が成功するのならば。

"義足のランナーはオリンピックに出られないそうな" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント