サウンドロゴの著作権問題はどうなった?

Winny裁判の判決といい、Felicaの暗号解読の件といい、話題が盛り上がった瞬間はあちこちのブログで取り上げられるのだが、1週間もするとまるで無かったかのように忘れられてしまうのがネットワーク社会というものらしい。
まあ、1週間もすると次の話題が出てきてしまい、皆の注目がそちらへ流れてしまうという事情があるからなのだろうが。

1年ほど前、ネット上で盛り上がった話題として、「サウンドロゴ」の著作権問題がある。
作曲家の「生方則孝」氏が作った「住友生命」のCM用のほんの数秒の楽曲に著作権があるかどうかが裁判で争われることになったという事件だ。
私は音楽には疎いほうなのだが、とりあえず、ほんの数秒の楽曲にも創作性は認められて当然だろうと思っていた。パソコンのプログラムも小さく作るほうが難しいのだし。
一方で、身近には、そんな数秒の音楽に著作権など認めては社会が無茶苦茶になると主張する人も確かにいた。

そして、その1日2日の間は熱く意見を述べ合っていた人たちも、いつしか、この事件のことをすっかり忘れ去ってしまっていた。

それが、先日、生方氏のブログで、和解成立と報告された。
和解内容のうち、公表できる部分は以下のとおりだそうだ。
http://ubulog.sblo.jp/article/2496964.html
「和解」という形で決着がついたため、著作物としての法的要件がはっきりと示されず、個人的には残念な部分もあるが、当事者にとって裁判は一大事なのだろうから、これ以上私からとやかく言うことはできない。
結果として「住友生命は生方氏の営為に敬意を表する」ことになったのだから、サウンドロゴの創作物としての価値は認められたのであり、事実上「著作物である」と認められたも同然と解釈していいのだろう。

よかったよかったということで〆にしたい話である。

そう、サウンドロゴの件だけについては、これで私も満足だ。

が、ネチズンの態度にやや不満が残る。
「裁判になる」といった1年前はあれほど盛り上がった話題なのに、今となっては、和解が成立してからもう1週間以上が経つというのに、氏のブログにはコメントもトラックバックも寄せられていない。
1年前は、野次馬根性で盛り上がっていただけなのか?
実際、そうなのだろうと思うと、薄ら寒い思いがする。

同じようにしてWinny裁判もFelicaの暗号破り(にかこつけた飛ばし記事?)も忘れられていくのだろうか。
そして、また同じような事件・事故がネット上で繰り返されるのだろうか。

"サウンドロゴの著作権問題はどうなった?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント