「JavaScriptパターン」読みました

今風のJavaScriptの書き方を覚えるため、オライリーのJavaScriptパターンを読みました。

JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法
オライリージャパン
Stoyan Stefanov

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


薄いけど濃い、と言えばいいでしょうか。

先日読んだ、入門モダンJavaScriptよりは気持ちよく読めました。
まだ、半分くらいしか理解していなくて、さらにその半分くらいしか実践では使えないような気がしていますが。

この本を読んではっきりしたことは、JavaScriptはブラウザ上でHTMLを操作するための簡易な設計のインタプリタ式言語、では済まされないということです。それを知らずにJavaScriptを貶めるような言い方をする人の多いことと言ったら。
とっても以前に聞いた、「JavaScriptはJAVA風の書き方をするSchemeだ」という言葉が、やっとこの本を読んで納得できました。私はSchemeも一人前に使えるわけではないのですが。
Lisperが「オブジェクト指向? こう書けば必要ないだろ」ってな感じで私には訳の分からないコードを書いていたのは、今思えば、きっと本書の内容のようなことだったのでしょう。

色々と癖はあるけれども、クラスベースのオブジェクト指向言語の書き方に引っ張られることなく、本書にあるようなJavaScript風の書き方でコーディングしていけば、JavaScriptという言語は相当使い勝手がよさそうです。
それを知らずに過去、自分が主に手続指向やオブジェクト指向に近い形で書いていたコードがとても恥ずかしいもののように思えてきてしまったり、それはそれで誰もが通る道なのだろうと思ってみたり。

とにかく本書は、JavaScriptの文法を一通り押さえた人が、次のステップに進むために読むのにとても適しています。
問題は、今の私には、この本の内容の大部分が「頭では分かっていても身についていない」ということでしょうか。
ここからは実践ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック