島からの電話

「お宅の商品買いたいんですけど、代金は、コンビニで決済ってなっているじゃないですか。こちら、島なんで、コンビニがないんですよ。どうすればいいですか?」
そんな電話が会社にかかってきた。

前にも、郵便局しかない島から電話がかかってきたことがあるから、まあ、何とかなるかなと思って話を聞いてみたら、ちょっと様子が違う。
前の島は郵便局しかないといっても、二日に一度は定期船が県庁所在地まで出ていた。だから、生活もある程度、都市とのつながりが前提になっており、島の人でも、インターネット・バンキングなどでお金の出し入れをやっていたし、活用もされていた。
しかし、今回の島は、船が3~4日に一便。それも、いつ欠航するか分からないという。こうなると、インターネット・バンキングもあまり活用されなくなる。郵便局からのお金の出し入れ程度で十分ということだろうか。

今回電話を受けたのは、トカラの島。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%88%97%E5%B3%B6
動物園つながりで、トカラ馬の産地として、名前、場所は知っていたが、まさか、島の人と電話で話をする機会まで出てくるとは想像もしていなかった。

ついでに、近所の書店さんに行ったら、こんな本もあったので、買って読んでみた。

吐カ喇列島 (光文社新書 365)
光文社
斎藤 潤


Amazonアソシエイト by 吐カ喇列島 (光文社新書 365) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


観光ガイドではなくて、旅人が見た島の生活紹介みたいな本。
読んでみたところ、観光でふらっと立ち寄るには楽しそうな島だが、2泊3泊するのはちょっときつそう。
コンビニはないし、マクドナルドはないし、大型書店どころか、小さな本屋さんもないし。
インターネットは使えるようだけれども、トイレは多分、水洗式じゃないし。

都会なれした自分には、とても生活できそうにない島だった。

でも、ちらっと観光には行ってみたい気持ちになった。電話してきてくれた人が島にいる間に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック