口蹄疫が他人事でなくなる時

私はイベント関係の仕事もしている。
宮崎の方でも人を集めることになったので、昨日、会議で「口蹄疫」の影響について話し合った。
真っ先に出てきた意見は案の定、「口蹄疫は人間には感染しないから関係無い」というもの。
いや、確かに自分も、第一報に接した時はそう思った。が、落ち着いて考えると、「関係ない」とは言い切れないことに今は気付いている。

確かに口蹄疫は人には感染しないようだ。厳密にはまったく感染しないわけではないが、たとえ感染したとしても重篤な事態にはならないらしい。
このあたりについては Wikipedia に詳しい解説がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB

しかし、人に感染する心配は無いといっても、上のWikipediaの説明にもあるように、人がウイルスのキャリアになる恐れはある。
感染してキャリアになる場合に限らず、服などにウイルスが付着して、事実上のキャリア(ウイルスの物理的な運搬者)になってしまうことも考えられる。

たまたま口蹄疫に感染した家畜の近くを通りかかった際に、ウイルスの付着した塵のようなものが衣服に付き、そのまま誰かと接触した際に、その塵がまた別の人に付くといったことも考えられる。
その塵をもらってしまった人が、畜産関係者だったりしたら、口蹄疫が広まってしまう結果になる。

人へは直接の被害が無いといっても、口蹄疫の拡散の原因になりうるというのであれば、人を集めるイベントを開催するというのは、全く問題ないとは言い切れなくなってしまう。

不必要に社会不安を煽ったりしてはいけないので、突然イベントを中止するようなことは、今は考えていない。
このブログの記事を書くにあたっても、扇情的にならないように注意しているつもりだ。
ただ、「人に感染しないから」という理由だけでは、人を集めるイベントをやっていいことにはならない。このことだけは忘れてはならない。

衣類にウイルスが付着したとして、そこからさらに別の人に直接そのウイルスが付いてしまう確率なんて、事実上0パーセントなのだよとかいった、科学的な根拠があれば安心してイベントを開催できるのだが。
このあたり、心配性な私に、誰か、安心してイベントを開催できる理由を教えてもらいたいものだ。

とりあえず、今のところ、国レベルでも都道府県レベルでもイベント自粛の通達のようなものは出されていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック