新ホワイトプランの難しさ

SoftBank の新しいスマートフォン X06HT(Desire) に興味が出てきたので色々調べた。
職場が圏外なのが最大の難点なのだが、それはDocomoやWILLCOMの併用で何とかすればいい(って、何台持ってるんだ。しかも常に一台は充電切れ状態)。
SoftBank という会社に、良くも悪くも胡散臭さを感じるので、事前調査を少しだけ念入りにしてみた。
そうしたら、こういう記事が見つかった。

「ソフトバンクの新ホワイトプランが“改悪”にしか見えない理由」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100421/1031567/

記事としては読みやすい。
というか、こんなに難しい内容をよくここまで読みやすい記事にできたなと思う。
新ホワイトプランには落とし穴があるという話だ。
実質4年縛りのプランなんて...

もちろんこれは、SoftBank が意図して用意した落とし穴ではなくて、単に課金(割引)システムが複雑化した結果、封作用としてできてしまった落とし穴なのだろうが。

masason 宛につぶやけば、どうにかしてもらえるのだろうか?
理不尽な要望でなければ、ある程度考慮してもらえそうではあるのだが。

ただ、携帯電話の通話料金もこうなってしまうと一種のパズルで、一箇所のピースを無理やりはめようとすると他がはみ出してしまう。簡単にはいかないだろう。

とりあえず、X06HT を買ったら、一番シンプルなコースで1ヶ月だけ使って、即解約すれば、本体価格+事務手数料+1ヶ月の基本料金+解約金で、7.5万円くらいで済みそうだ。
BTで外部モデムを使えるなら、個人的にはこれが一番いいのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック