iPhone と HYBRID W-ZERO3 の画面の大きさに注目

前もこのブログの記事でちらっと書いたことがある。
iPhone の画面の大きさは 3.5インチ、480x320ピクセル。
一方、W-ZERO3 は、3.5インチ、480x854ピクセル。
これがカタログ上の大きさだ。

これだけ見ると、W-ZERO3と、iPhone は画面の大きさが同じで、W-ZERO3 のほうが高精細であるかのように見える。
実際、自分もそう思っていた。

が、ふと立ち寄ったヨドバシカメラで iPhone を見ていると、「こっちのほうが、W-ZERO3 より画面が大きいんじゃないか?」という気がしてきた。
売場同士が離れているので直接比較はできないし、定規の持ち合わせなどもなかった。なので、何度か売場を往復しながら大きさを見比べてみた。
どう見ても、iPhone のほうが画面が大きい。特に縦置きした際の横幅(短いほうの辺)が大きい。

さらにもう1往復して比べたところで、やっとトリックが分かった。

同じ3.5インチの画面といっても、iPhone のほうが形が正方形に近いのだ。
画面の大きさは対角線の長さで表示する。
対角線の長さが同じなら、正方形に近くなれば近くなるほど、液晶そのものの面積は大きくなる。
W-ZERO3 のような縦長の画面だと、面積は、正方形にくらべて相対的に小さくなるのだ。

実際のところ、再度カタログで調べたところ、iPhone の横幅 62.1mm に比べ、HYBRID W-ZERO3 の横幅は53mm。
2割ほど iPhone のほうが横方向に大きい。液晶の外枠の幅を考慮しても、iPhone の画面のほうが横に大きくて正解だったのだ。

HYBRID W-ZERO3 と iPhone の画面の大きさが同じだと思っていたのは、大きな勘違いであった。
このことをカタログだけから読み取るのは難しい。
物を買う前に、現物を確認するというのは大事だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック