Pマークが仕分け対象に

民主党の事業仕分け第二弾の対象になる50法人が公表された。
その中には「財団法人日本情報処理開発協会」が含まれている。
漢字で表記してもピンと来ないかもしれないが、Pマークの認定機関といえば誰でも分かってもらえると思う。

前々から胡散臭いと思っていたのだが。
特に、大日本印刷が情報漏えい事件を起こした際に、Pマーク取消などの対応を取れなかったのが最悪だった。
参考 http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=07/03/23/1542213

Pマークのようなものは確かに大事だと思うが、それが必ずしもPマークである必要はない。
そのあたり、Pマークを取得しようとする側も、Pマークを取引基準にしようとする側も、ちょっと思考停止に陥っていたのではないだろうか。

ところでこの財団、ホームページを見てみると、色々手広くやっているみたいなのだが、いったいどの事業が仕分け対象になったのだろうか。
これだけ事業をやっていて、100人以上の職員を抱えていて、なおかつ国からお金までもらっていたって、一体どういうからくりになっているのだろうか?

興味津々である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック