何のためにテレビを見る?

見たい番組があるから? 暇つぶし?
人それぞれに色々な理由があるのだろうけれど、「人と話すをするときの材料として」見ている人が多そう。
先日、ustream を見た後、そう思った。

ustream を見ながら twitter でその場で好き勝手なことをつぶやいたり、話し合ったりする人たちがいた。
それを眺めているだけで、こちらにも妙な臨場感が伝わってきたものだった。
これは新しい形のメディアだと、そのときは思ったのだが。

よくよく考えたら、朝、会社に来て、「昨日の○○ってテレビ見た? あれってさ」というノリの会話と本質的には違わないような気がしてきた。
その場でやっているか、翌日に話しているかの違い。
もちろん、コンテンツによっては、この、「その場」か「翌日か」の違いは大きいのかも知れないが。

その場で会話(のようなもの)ができてしまう ustream の機能は、はたして、吉と出るのだろうか、凶と出るのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック