政治家って何する人?

統計学関係の本かなと思って、これを読んでしまった。

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)
光文社
菅原琢

ユーザレビュー:
政治分析のもやもや感 ...
自民党敗北の真相が解 ...
科学的な政治学:世論 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


2009年夏の衆議院議員選挙の総括本。ちょっと政治関係に興味のある人なら読んで面白いだろう。
選挙結果をダシにして自分の個人的な思いを語る評論家様が多いなか、この著者は、世論調査の結果という数字を冷静に分析している。
「麻生人気」は本当にあったのか、ネット「世論」は実際の世論にどれほど近いものなのか、若者は本当に右傾化しているのかなど、選挙に関連のあるテーマについて、数字を元に色々と論じているのが本書の特徴だ。

だけれども、統計の観点からだと、ちょっと物足りないかなというのが正直な感想。
この著者は、分析は冷静なのだが、推論の部分は少し冷静さを欠いているように見えた。

○○の調査結果は母集団が偏っているおそれがあるので要注意だ、などと書いておきながら、その調査結果に基づいた推論を展開している部分が目立つ。何をどう注意したのかがきれいに省略されているのだ。そこの部分に一番興味があるのに。

また、世論調査の仕方の問題についてもツッコミが甘い。所々、調査の際の文言の変化を問題としてとりあげているのだが、その、「文言の変化の影響度」についての記述がなかったり、調査方法自体の問題をとりあげていなかったりと、このあたりも物足りない。
正しく調査されたデータなのかどうかの部分の考察がすっぽり抜け落ちて、調査結果を妄信してデータを扱っているような印象を受けた。

それよりも何よりも本書を読んでみて疑問に感じたのは、「こうすれば自民党は惨敗しなかった」というような、最後の〆の部分の記述。
要は、都市部の住民や若者にウケの良い政策を提示していれば、自民党は大敗しなかったというのが、著者の最後の分析なのだ。

ちょっと待て、それはどういう話なのだ?

農村を犠牲にして都市部優遇の政策を打ち出すような政党が「自民党」であっていいのか?

政治家の使命は、世論に従ってウケのいい政策を打ち出すことなのか?
そんな、日和ったまねをするのが政治家なのか?

政治家というのは確固とした信念を持って、それを世に訴えるのが仕事ではないのか?
この国のあるべき姿を考えて、それを国民に訴えていくのが政治家ではないのか?

自民党が負けたのは、世論を見誤ったからではなくて、あくまで、世論を形成し損ねたからだというのが、同じ統計データを元にした、私の分析だ。
日本と言う国にとって農村が大切だというのなら、自民党はそのことをしっかりと有権者に訴えて、全国民で農村を守っていくという気持ちを盛り上げていかなくてはならない。
しかるに、本書のデータによると、自民党は、データ分析を誤ったがために、「すでにそういう気持ちが盛り上がっている」と誤判断し、選挙運動を展開し、そして大敗してしまった、というのが私の見解だ。

と、まあ、統計の勉強をするつもりが、思いがけず、「政治家とは何か」を考えるきっかけになってしまった。
新書ということを考えると、この本はあくまで「読み物」としての位置づけなのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック