JM のページが読みにくい件について

数ヶ月前に話は遡る。
会社のパソコンが新しくなり、モニタが19インチになった。
当然、それに見合った解像度に設定してある。
Excel の表が広く見渡せるようになって便利だ。とか、最初のうちはうそぶいていたのだが。

ちょっと調べたくなって、JM Project (GNU のツールの man ページを日本語訳しているプロジェクト)のページを見てみると、画面が横に広すぎて異様に読みにくくなっていることに気付いた。
例えば、このページとか。
http://www.linux.or.jp/JM/html/man/man1/man.1.html
これ、横が1024ドットでも、ちょっと広すぎるかなという感じだったのだが、1280ドットの画面に入れると、横長すぎて読んでいられない。

他にも、Groovy つながりで、読んでいたこのページも、横に広いモニタだと辛い。
http://www.ibm.com/developerworks/jp/java/library/j-grails01158/

一方で、このブログの場合は、3段組になっている(PCで見た場合)ので、横に広いモニタでもそこそこ読みやすいとは思うのだが。

Windows Mobile などの狭い画面も含め、どんな環境でも読めるようにと配慮した、上の JM のページなどがかえって読みにくくなってしまっているのが、何か皮肉っぽい。
とりあえず、Firefox 上で、使いもしないサイドバーを表示させて、左右の幅のバランスを取ってみることにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック