まだまだ出版社はこの先生きのこる

Amazon Kindle で、出版業界は揺さぶりをかけられている。
印税70%など、既存の出版社では絶対に真似のできない世界だ。
では、既存の出版社は全滅するしかないのか? というと決してそのようなことはない。

出版社自体が著者になってしまうことだってできる。
出版社が企画を立て、ライターや写真家に仕事を依頼し、進行を管理し、出来上がった本を出版社自身の著作物にしてしまうのだ。
これなら、Amazon Kindle に乗っかったとしても、出版社の取り分は最大70%だ。既存の紙媒体よりもこちらのほうがいいくらいだ。

早い話が、著者一人いれば済むような出版物であれば、既存の出版社はもう出る幕がないものの、チーム作業が必要な規模の出版物であれば、まだまだ出版社は必要だということだ。
こうなると、企画力と資本力の勝負になってしまう。
他の業界と比べて、出版業界では、資本力が小さくても、企画力があればまだ何とか立ち回っていくことができる。
出版社は企画力を磨く、それだけで生き残っていけるのだ。

裏を返して、読者の立場からしてみれば、「面白い本を読ませてくれ」「誤植だらけの本をばかすか出版しないで、丁寧に作った本を読ませてくれ」という、ごく基本的な要望を満たしてくれれば、それでいいのだ。

新書だとか、文庫だとかは、どんどん Kindle に食われていって、出版社は中抜きされるしかないかも知れない。
けれども、ちょっと気の利いたイラストの入った単行本などは、電子出版の時代が来ようが、まだまだやっていけるはずだ。

電子出版が普及して、むしろ心配なのは、ロングテールなどと言って、またわけの分からない粗悪な電子出版物が大量生産されてしまうことのほうだ。
アタリショックの再現はあるのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック