上新電機に行ってきた

デジカメを買おうと思い、大阪の上新電機に行ってきた。
この家電量販店の何に違和感があるかというと、それはもう阪神タイガースに尽きる。
上新電機は阪神タイガースの広告スポンサーの一つである。
だからと言って...読売新聞でもそこまでやってるか? と言いたくなるくらい、店内が阪神タイガース一色。
日頃、東京で生活している自分にとっては、全くついていけない世界だ。

関西在住の親類の話などを聞いていても、阪神タイガースが生活文化の中に溶け込んでいるということはよく分かる。
三日前の先発投手の名前を言えないと、会話に入れてもらえないという世界も体験している。

しかしだ。
商売でそこまでやるか?
店員は全員阪神タイガースのハッピを着ているし、買い物をした際のサービス品はタイガースグッズだし。

関西にだって巨人ファンはたくさんいる。
全員が全員、阪神ファンだとは限らないのだ。

これでは、熱烈なファンを囲い込む一方で、アンチも大量に生み出してしまうのではないだろうか?

と思いながら、上新電機で買い物している自分がいる。
まあ、自分は阪神タイガースが嫌いではないし、阪神グッズは親類にプレゼントすると、物の大小を問わず喜ばれるので、いくらでも貰って歓迎なのだが。

結局のところ、関西人は色々な理由をつけながら、最後は「安いところで買い物をする」という割り切りを身に付けているということだろうか。

ちなみに、上新電機のウェブサイトは、阪神タイガース色を抑えたものになっていた。
http://joshinweb.jp/top.html

さらに追記しておくと、上新電機の店員さんのハッピを見ていて、今さらながらに赤星選手の引退が淋しく思えた。
(赤星選手のレプリカユニフォームを着ている店員さんがいなかった)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック