円周率の計算記録更新、スパコンを超えたパソコン

これぞ、寅年にふさわしい、スラッシュドット・ジャパン経由のネタ。
http://slashdot.jp/science/10/01/06/0336215.shtml
まずは昨年9月の話から。
昨年、2009年の9月に、筑波大学のスパコンが円周率を小数点以下 2 兆 5769 億 8037 万けたまで計算し、世界新記録を達成した。

その記録が最近更新されたわけだが、その計算に使われたのが、なんとパソコン。
詳細は上のリンク参照。
お値段にして25万円程度というから、パソコンとしてはちょっと豪華な部類に入るが、パソコンには違いない。
今日、秋葉原に行って同じくらいの性能のパソコンを調達することだってできる。
そんなパソコンでどうやって新記録を達成したのか。

画期的な計算式を使ったとかそういうのではない。

なんと、100日間以上動かし続けたのだそうだ。
そして計算できたのが約2兆6999億桁。1200億桁ほどの記録更新だ。
ちなみに筑波大学のスパコンが前回の記録に要した時間はまる3日ほど。
30倍以上の時間がかかったことになる。さすがにスパコンの性能は違う。決してスパコンの顔を潰すような記録でもなかったわけだ。

ところで今年は寅年。
会社で偉い人の年始の挨拶などを聞いていると、「虎は一日に千里を行く」だとか、勢いのある話がよく出てくる。
そんな虎の話なんて、庶民には関係ねーよと、ついつい思いがちだ。
一方で、中国のことわざで、「ふつうの馬も十回走れば千里に届く」というのもある。
今回のパソコン(=ふつうの馬)はまさに100日間走ることで、スパコン(=虎)を抜いてしまったわけだ。
庶民だって、地味に努力を続ければ、一つくらいの分野でスーパーマンを追い抜けるかも知れない。
そう考えさせられる、新年の話題だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック