聖地チベット展を見てきた

上野に行くたびに見に行きたいと思っていたのだが、いつも行列しているので、なかなか踏ん切りがつかずにいた。
それが今日、ふと見ると、行列がなくなっている。
これはチャンス! ということで行ってきた。上野の森美術館の聖地チベット展。
http://www.seichi-tibet.jp/

微妙に政治的なプロパガンダの匂いがしたり、入口付近にそっち方面の活動家のような人がいたりと、最初からなかなか趣き深い。
のだが、一歩美術館内に足を踏み入れてみると、そこは別世界。
チベット密教の華麗な仏像達がずらりと並んでいる。

日本の仏像と比べると、とにかく表情が明るい。
ポーズも躍動的。
どこからか音楽が聞こえてきそうな感じだ。
同じ「仏」をテーマにして作られた像とは思えない。
観音様など、日本でもおなじみの名前の仏像なのだが、まったくもって、別人(別仏?)だ。

ものすごく太った仏様がいたり、足の短い仏様がいたりと、日本の仏像よりもはるかに人間的な仏像群。
直立不動の姿勢をとった仏像は一つもなく、どれも少なくとも片足には体重を乗せたような姿勢だ。
そして、どれも金ピカ。
日本の仏像より厳かさには欠けるような気がしないでもないが、まあ、それはあちらの人に言わせれば、「日本の仏像は暗すぎてやる気が感じられない」とかいうことになるのだろう。

宗教的な背景は抜きにして、芸術作品として鑑賞しても、なかなか興味深い。
千手観音像など、何百本もの手があるにも関わらず、全体のバランスが取れていて、生物として存在できるんじゃないかと思わせられるくらい。
蓮の花の形をした立体曼荼羅は、今の時代にもアクセサリーとして通用しそうだ(どこに飾るのかはわからないが)。

政治的なことを考えてしまうとどうしても、目がかすんでしまうので、ここは一つ、あくまで芸術作品展ということで見に行くべきだと思う。
とにかく「日本とは違う」。
世の中にはこれほど華やかな、といって仏教の教義からは外れていない、そんな仏像があるのだ。是非実物を見に足を運んでもらいたい。
聖地チベット展は来年の1月11日まで無休だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック