また魅力的な小さいパソコンが

工人舎から、ポケットサイズで、300gちょっとの重さで、Windows XP が動作するパソコンが売り出されるらしい。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0909/08/news012.html
韓国UMID社の「mbook」を日本向けにカスタマイズしたものとのこと。
お値段は6万円程度。

この前発表になった、SHARP の NetWalker とあわせると、10万円をちょっと超える金額になる...
普通の人にはこちらの工人舎パソコンのほうが使いやすそうだ。Windows XP だし。OS を入れ替えるにしても、x86 系の OS を選ぶことができるし。

ただ、こういう小さいパソコンを買う人は、概して「普通の人」とはいえないので、何が売れるのかよくわからなかったりする。

すっかり見落としていたが、Viliv S5 という選択肢もある。
http://www.brule.co.jp/umpc/viliv.shtml
こちらは SSD 仕様を選ぶと、6万7千円程度になる。
また、意外と分厚いというのが、私にとっては難点。

スペック的な物珍しさという点で、ARM 搭載の SHARP NetWalker にまだまだ魅力を感じているのだが...これって、迷うに迷った挙句、何も買えずに終わるパターンにはまってしそうで怖い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック