機械翻訳を読んで、元の英文を推理する

調べ物をしていて、こんな機械翻訳のページにたどり着いた。
http://www.unix.com/ja/high-level-programming/7420-how-use-pipe-multiple-threads.html
このページ、上から順に翻訳が崩れていく様が笑える。

最初の一人の発言はこう。
やあ、

私は、 2つのプロセスの代わりに2つのスレッドを実行するプログラムがあります。私は2番目のスレッドの入力には、最初のスレッドの出力をリダイレクトするためにパイプを使用するようにします。

パイプを1つのスレッドを継続し、パイプからの読み取りは、他のスレッドを書いている。

どうすればよいですか?

2つのスレッド間で配管用の例はありますか?

誰も2つのスレッド間の配管の任意の例を投稿することはできますか?


どうもありがとう!


まあまあうまく翻訳できている。少しがんばれば、意味を汲み取ることもできる。
プログラミングで何かお困りのようだ。
これがうまく翻訳されていたので、ついつい先を読んでしまったのだが...

次の人の答えで、機械翻訳が意味不明になる。
2つのスレッドまたは2つのプロセス間の配管の間に全く違いをする必要があります。

パイプについての重要なことは関係なく、どのようにして接続すると、一方通行の導管として、それぞれ使用するには、 2つの方法がその能力にもかかわらずだ。あなたの同期の問題を避けるということです。あなたの質問では、データの方向性のような流れで、これは1つのパイプのトリックをしなければならないことを意味方向ですね。

何があなたに何が起こっているの珍しいと思うしているスレッドについては何ですか?できる限り質問をもっと具体的かもしれないフレーズ?


最後の「できる限り質問をもっと具体的かもしれないフレーズ?」ってどういう意味?
何だか笑えるのでさらに次の人の発言を読んで、ついに声を出して笑ってしまった。
C 言語のプログラムが日本語に翻訳されている!

打撃例です:


#含まれ
#含まれ
#含まれ
#含まれ
#含まれ
#含まれ
#含まれ
#含まれ

INTはfd [ 2 ] ;

ボイドopen_pipe (ボイド)

/ *
**注意ください。これは、パイプと同じです( )
* /
もし( socketpair ( PF_UNIX 、 SOCK_STREAM 、 0 、 fd ) < 0 )

fprintf ( stderrを、 "ファイル: % 、線秒: % dのsocketpairエラー: " 、
__FILE__ 、
__LINE__ ) ;
perror ("");
中止( ) ;



ボイド* do_task ( *ボイド)アルゼンチン

INTはÑ ;

printf ( " \トンスレッドに\ Ñ " )来る;

Ñ \u003d ( fd [ 0 ] 、 (ボイド* ) & iValue 、 sizeof ( iValue ) ) ;を読む
printf ( " \トンchild1 、行\u003d % d個の\ Ñ " 、 iValue ) ;

リターン(ボイド* )がNULL ;


ボイドメイン(ボイド)

INTはiRetSts 、 iValue ;
pthread_t iThreadId ;
pthread_attr_t vThreadAttr ;

open_pipe ( ) ;

pthread_attr_init ( & vThreadAttr ) ;
pthread_create ( & 、 NULLを、 do_task 、 (ボイド* ) )はNULL iThreadId ;

iRetSts 、 (ボイド* ) & iValue 、 sizeof ( iValue ) ) ; ( fd [ 1 ]書く\u003d
( iRetSts \u003d\u003d -1 )

fprintf ( stderrを、 "ファイル: % 、線秒: % dの書き込み\ N "の失敗、
__FILE__ 、
__LINE__ ) ;
perror ("");




してくださいsocketpair ( )関数のmanページを参照してください

一行目からいきなり「打撃例です:」。
どういう英文を翻訳したら、こんな攻撃的な言葉が出てくるというのだ?

そして、プログラム本体に入って、本格的に笑うことになる。
「ボイド* do_task ( *ボイド)アルゼンチン」
国名が出てくるなんて、一体どういうサンプルプログラムを書いたんだ?
しかもアルゼンチン一つだけ。
まったく原文が推理できない。

「ボイドメイン(ボイド)」
...ボインのメイドか? とか一瞬空目してしまった。
これはさすがに、 void main(void) だろうと見当がついたのだが。

さて、答え合わせはこちら。

http://www.unix.com/26331-post3.html

...下手な解説はしないほうがいいだろう。
なるほど、だから「打撃例」が出てきてしまったのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック