上野に大仏がある

上野動物園に行く途中で、ちょっと寄り道。
東京魔界の一つ、上野大仏を初めて見てきた。
知らない人には「上野に大仏なんて無い」と言われるかも知れない。
上野のお山に大仏があれば、あちこちから見えているはずだし、もっと有名になっているはずだから。

ほんのちょっとだけ悲しい話になってしまう。

上野の大仏はすぐ近くまで行かないと見ることができないのだ。大仏なのに。
それは小さいからではない。間違いなく大仏だ。
しかし、今は顔しか残されていない。
レリーフのようになった顔しか残されていない。だから近くまで行かないと見ることができないのだ。

大仏は確かに存在した。6メートルほどの大きさの立派な大仏だった。
大仏の頭が落ちたのは関東大震災の時だという。
その後、胴体は戦時中に軍需物資として供出させられ、頭だけが残される形になった。
何度か大仏再建の動きもあったのだが、色々な出来事にまぎれて実現に至っていない。
最終的にその保管されていた頭だけを使ってレリーフのような形をつくり、再び大仏様が表に現れたのが1972年のことなのだという。
こうして上野の大仏は胴体の無いまま、今に至っている。

お台場のガンダムを見てきた直後だったこともあり、「なぜこれが再建できないのか」と、悲しさひとしおだった。
18mのガンダムが作れるのなら、6メートルの大仏なんて、もっと(技術的には)簡単にできそうなものなのに。

とはいえ、それなりに費用のかかる話でもある。
また、もっと重要なことに、仏像は金に物を言わせて作るものではない。
上野の山に大仏が再建される日は、いつか来るのだろうか?

参考までに、Wikpedia の記事を。ありし日の写真も見られる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%A4%A7%E4%BB%8F

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック