Windows Firewall にめげず、H2 起動!

先日、会社のパソコンで H2 Database Engine を起動しようとしたら、Windows 組み込みの Firewall に阻まれたという記事を書いた。
その続きの話になる。

その後、groovy を使って組み込みモードで H2 を動かすのに成功。それなりにノウハウの蓄積も進みつつあった。
ただ、いちいち groovy スクリプトを書くのでは、効率が悪い。
レコード件数をチェックするだけでも、数行のスクリプトが必要になる(それくらいで面倒がっていては先輩諸氏に怒られてしまうかも知れないが)。
何とか、H2 をサーバーモードで使えないものだろうか...

そこで、ダメもとで、h2.bat をダブルクリックしてみた。
一瞬、Internet Explorer が起動するものの、すぐに Windows Firewall の警告が表示され、唯一のボタン、「OK」をクリックすると、IE 上に「ページを表示できません」のメッセージ。
IE のアドレスバーを確認すると、「http://(PCのIPアドレス):8082/~」となっている。
それで終わりだった...

が、よく見ると、H2 自体は動作を続けているように見える。
コマンドプロンプトの画面がデスクトップ上に残されている。
これはもしかしたら? と思い、IE のアドレスバーに、「http://localhost:8082/」と入力してみると...
画像
使える!

Windows Firewall では、ループバック接続までは遮断されないということを、今日初めて知った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック