素人目線でハリー・ポッター

正直なところ、全然興味がなかった。が、知人に強引に誘われて。
ハリー・ポッターを見に行った。
前作までの流れをまったく知らないのだが。

知人曰く、ドラえもんの映画みたいなものだから、前作なんて見ていなくても大丈夫。とりあえずこれが主役で、これが校長先生で、これが仲間達。それだけ覚えておけば大体わかるようになっている、とのことだった。
それで3時間近い作品を鑑賞することになった。

いや、まあ、その。
まったく分からないということは無かった。
普通に面白いお話だ。
しかしやはり、前作までを知らないので、微妙に人間関係の背景が分からない。
その分、人情の機微とかいった部分(誰が誰に想いを寄せていて、誰が誰を嫌っていてといったあたり)がまったく読めず、???状態になることしばし。

そして、致命的なのが、魔法のルールがさっぱり分からないということ。
とりあえず死者蘇生はないらしい。
また、極端に離れた場所に作用できるようなサイコ・キネシス系の技もないようだ。
三つのしもべがいるわけでもない。

杖(といっても短い)が魔法のアイテムになっており、これがないと魔法は使えない?

で、結局、何ができるの? ということがよく分からないのだ。

突き詰めると、物語の世界観がさっぱり分からないということになる。

せめて第一作でも見てから行けばよかったのかも知れない、と後から思った。
シネマコンプレックスで上映する場合など、1スクリーンくらいは、第一作を上映しておいてくれれば、それと合わせて一日を遊ぶことができたのにとまで思ってしまった。

とりあえず、いきなり今回の作品「ハリー・ポッターと謎のプリンス」だけを見ても、楽しめないことは確実。
遅れながら、今からハリポタに目覚めた人は、TSUTAYA で借りてでも、第一作目から見て予習しておくことをお勧めする。

まじで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック