弱点はポインティングデバイス

LOOX U を使い始めて2ヶ月ほどが経った。
概ね満足している。
プログラミングにはまったく使えていないが、ちょっとネットを見たり、メールを書いたりするのに重宝している。
そんな中、ちょっと困っているのがポインティングデバイスだ。

作りつけのポインティングデバイスは、変な位置に付いている。液晶ヒンジのすぐ下。
立ったまま使えるようになっているということなのだろうか?
しかし、キーボードを打っていると、ホームポジションから手を離さないと操作ができない。
ThinkPad のトラックポイントよりは正直、使いにくい。
ポインティングも簡単ではない。

もう一つのポインティングデバイスはタブレット。
ペンでタッチするのだが、液晶の割に解像度が高いので、なかなか意図したポイントをタッチするのが難しい。
揺れる電車内では、さらにポインティングの難易度が上がる。

解像度を下げて使うくらいなら、マウスかトラックボールを使いたい気分なのだが、LOOX U の機動性を台無しにしないような設計のマウスなりトラックボールなりがなかなか見つからなくて苦戦している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック