めだかの学校のほうから来ました

帰省中にこんなことがあった。

客人が来た。
喜んだ父親が大いに酒を飲んで酔っ払った。
そして、ご機嫌になって、ハーモニカを持ち出してきた。

それを私が制止した。

なぜなら、父の十八番は「めだかの学校」だったからだ。

人が集まったところでハーモニカで「めだかの学校」を演奏したりしたら、JASRAC の方から人が集金に来るかも知れない。
お金の額は大したことないかも知れないけれど、そんな人がいきなり来たりしたら興ざめだ。

と言って、父親を引き止める私のほうがよっぽど興ざめなのであった。

ちなみに Wikipedia で調べたところ、「めだかの学校」の作曲者の中田喜直氏は2000年に亡くなっている。
どうやら、父親の生きている間に、自由に「めだかの学校」をハーモニカで演奏できる日は来そうにない。

父よ、もう「めだかの学校」はあきらめて、そのハーモニカに似合う曲を、自ら作り出してくれ。
誰にも気兼ねなく演奏できる曲を。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック