新幹線で酔った話

ちょっとした体調の問題だと思うのだが、新幹線で酔ってしまった。
お酒ではない。間違いなく乗り物酔いだ。

今年はゴールデンウィークの U ターンラッシュもさほどではなく、自由席であっさりと 「N700 のぞみ」の窓側の座席を確保することができた。
皆さんご存知、コンセントのある座席だ。
で、PC をコンセントに繋いで、イーモバイルの通信速度を測定して楽しんだりしていた。
京都~名古屋のどこかで、計測したら、400kbps くらいになっていた。
しょっちゅうのぞみに乗る人なら、素直に N700 の無線 LAN を使ったほうが快適なのだろう。

で、ずっと通信速度の測定ばかりやっていても飽きてしまうので、今度はプログラミングを始めた。
そうして、名古屋を通過して、小一時間くらいしたところで、急に嘔吐感が...
この間、飲食はしていない。

座席のリクライニングを起こしたり倒したりして気を紛らわせながら、どうにか東京駅まで我慢はできたものの、なかなか嫌な体験だった。
まさか、これって、インフルエンザの症状じゃないよなと思いつつ、Google 先生にお伺いを立てたところ...
これまで人ごみには近づいていないので、発症にしてはタイミングが違いすぎるし、発熱していないから大丈夫だとは思うのだけれど。

こうやって、悪いほう、悪いほうと考えてしまうのが、一番悪い病気なのだろうなと思うのであった。



のりもの勝席ガイド 2009-2010 (イカロス・ムック)
イカロス出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶりき
2009年05月11日 18:03
いまさらですが、新幹線でノートPCを使うと私も酔います。本を読むのは問題ないのですが・・・

同じ傾向を持つ同僚もいますので、新幹線でノートPCを使うのに不向きな人種というのはいるのではないでしょうか。

プレゼン資料のような絵と、ワープロのような文書(プログラミングのコードも)では目の使い方も違うでしょうし、揺れていないようでも、三半規管はがんばってくれているのだと思います。
kazuyoshikakihara
2009年05月12日 00:14
こんにちは、ぶりきさん。
うん、確かに本は平気でした。

パソコンだと酔うことがあり得るのですね。

別の疲れがどっと出ているような感覚はありますが、私の場合、とりあえず、新型インフルでも旧型インフルでもなかったようで一安心です。

この記事へのトラックバック