やっと XGP が動き出したようで

Willcom から、XGP のエリア限定サービス開始のアナウンスがあった。
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2009/04/22/index.html

何はともあれ一安心。
もしかしたら、このまま迷走して終わってしまうのではないかと、本気で心配していた。
今日の発表を見る限り、秋には個人ユーザーの手にも届くようになりそうだ。
次の心配は値段とエリア。
とりあえず、会社と自宅がエリアに入っていてくれればいいと思っているのだが。

今日発表の端末はいずれもPCカード型。LOOX U では使えない。これも心配の一つになる。
消費電流が 750mA ~ 800mA と大食いなのも心配。これまでの PHS の4倍近くの消費電流だ。
ノート PC のバッテリーのもちに大きく影響してくるかも知れない。

ちなみに、EMOBILE の D02HW の消費電流を調べてみようとしたのだが、カタログ上は、こちらは電力しか表示されていない。単位が違うので比較のしようがないのだが、通信時1.5Wとなっている。ネットの情報をあさってみたところ、どうやらこいつは電流に換算すると 500mA を超える大食いの様子。
それよりも、さらに XGP は大食いというわけだ。

USB の規格では、消費電流は確か 500mA までとなっていたはずだから、USB の XGP 端末というのはちょっと難しいかもしれない...と、今から悲観してみる。
技術革新でどうにかなる問題なのだろうけれど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック