病院の自動会計機でトラブル

病院へ行ってきた。
問診、採血の後、会計へ。
会計の窓口で受付カードを提示し、窓口の事務員さんに何かの処理と保険証の照合をしてもらう。
その後、そのカードを自動会計機に挿入して、表示される金額を投入した...ところ。

「受付できません。近くの係員に声をかけてください」
と画面に表示されて、カードも入れた現金も戻ってこなくなった。
...近くに係員なんていないし。

実は相当動揺していたのだが、とりあえず会計窓口の事務員さんのところまで戻る。
行列とか出来ているので、横入りしているみたいで感じ悪いかなと思いつつも、こちらも他にやりようがなかったので。

すると、その事務員さんが、機械担当の人を呼んでくれた。

で、機械担当の人が専用のカードらしきを機械に挿入して隠しキーのようなものを押すと、管理用の画面が表示された。
といってもパソコンのようなコマンド入力画面ではなく、ものすごくシンプルな、タッチ画面。会計機がもともとタッチパネル方式で他にインターフェースが貧弱なのだから仕方ない。
画面の指示にしたがって、会計機のドアを開け、私の突っ込んだ5千円札を救出。もののみごとにグシャグシャになっていた。これが機械の中で詰まったのがエラーの原因ということらしい。

ついでに管理画面で返金手続きを行い、小銭も戻してもらう。

そして機械のドアを閉じ、画面をリセットして一般のユーザー用のものに戻してもらい、お金の再投入までやってもらったところから、私にバトンタッチ。

以後、普通にカードが戻ってきて、領収書が出力されて作業完了。

係の人の手際がかなり良かったことからして、ちょくちょくこういうトラブルは起こっているのだろうか。

ちなみに、この季節で風邪引きさんが多いかなと思っていたのだが、意外と病院はそれほど混雑していなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック