FSF の高優先プロジェクトから GNUpdf が漏れているような

先日、Free Software Foundation の高優先ソフトウェアプロジェクトの一覧が発表された。
何度も読み返したのだが、そこに GNUpdf がリストアップされていない。

どうしたことかとGNUpdf のホームページを見てみると、いつのまにか小さく衣替えしていた。確か、「GNUpdf は FSF が最も力を入れているプロジェクトの一つです」というような一文がかつては入っていたと思うのだが。
今日改めて読んでみると、そのような文言は消え去っていた。
先行きがやや不安だ。
「重要なプロジェクトではあるが、最重要な部類ではない」位置づけと解釈していいのだろうか?

ちなみに、高優先プロジェクトの第1位は Gnash というフリーの Flash player だった。
世の中、PDF よりも Flash のほうに魅力があるということなのだろうか。
それとも、GNUpdf の目標とするほど統一的な扱いはできないまでも、PDF については生成から閲覧まで、さまざまなフリーソフトが既に出来上がっているから、Flash ほど開発の緊急性がないということなのだろうか。

確かに、PDF を閲覧する分には、Sumatra PDF viewer があれば、当面、私も問題なくやっていける。
一方、PDF を生成するライブラリは、Java ベースの iText が充実しているのだが、それ以外は、どうも機能が足りていないようで、そちらがどうも気になる。 Java が使えない状況だとどうすればいいのか、それが悩ましい今日この頃である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック