Access 2007 でファイルが消えた事件

直接現場で見られなかったのが少し残念(?)なのだが、今日の午後、とある部署から内線が入った。
「いや、その、うまく言えないんだけど、Access が消えたんだ」
いかにも動揺している様が電話越しに伝わってくる。
何とか落ち着いてもらって最初から話を聞いたところ、こういうことだった。

・Access を使って作業をしていた。
・今日はここまでだと思って、Access を閉じた。
・「最適化しようとしたがどうのこうのというエラーが出た」
(エラーメッセージは一言一句違えないようにメモしておいてほしかったが...この後、ここまで大変なことになるとは思っていなかったらしい)
・OK ボタンしかないエラーダイアログだったので、そのまま OK をクリックした。
・エラーが気になったのでもう一度その Access のファイルを開こうとした。
・Accessのデータベースファイル(accdb ファイル)がまるごと消えていた。

DB ソフトでレコードやファイルが消えるなどということは考えにくいということで、ファイル検索などを駆使して問題の accdb ファイルを探したが、一向に見つかる気配がない。
エラーメッセージが消えてしまっているので、Google 先生にお伺いを立てることも困難だ。

それでも最後は Google 先生頼みということで、とりあえず「accdb deleted」で検索をかけて、最終的にたどり着いたのがこのページ。
http://support.microsoft.com/?scid=kb%3Ben-us%3B950812&x=10&y=6
この hotfix を適用しないと、Access 2007 では、最適化をするとデータベースファイルがまるごと消えてしまうことがあるらしい。

つまり、彼は hotfix を適用していなかったわけだ。

...Access のことを必要以上に悪し様に言うつもりはないが、これはちょっと恐ろしい。
すぐに hotfix の適用を確認しなければ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヤッター
2009年07月10日 12:44
ファイルが勝手に消失したなんて誰も信じてくれないし、自分でも信じられなかった現実・・・!
やっと納得できました。
困った状態のままですが、少し気が晴れました。
ありがとうございます。
kazuyoshikakihara
2009年07月11日 10:56
ヤッターさんこんにちは。
拙文が役に立ってよかったです。
こういった些細な事例の積み重ねが、世の中を動かすこともあるのです。
がんばりましょう。

この記事へのトラックバック