think C が著作権保護期間延長に関するパブコメ募集中

著作権保護期間の延長問題を考えるフォーラム(think C)が、「保護期間延長問題と創作・流通支援策に関するthink C-PT 提言案」をまとめあげ、これについてのパブリック・コメントを募集している。

http://thinkcopyright.org/public_comment.html


  1. 著作権保護期間の延長は、現時点ではなされるべきでない

  2. 日本版「フェアユース」規定の導入

  3. 非営利分野での「PCS(公的補償システム)」の導入と、権利情報データベースの相互接続の促進

  4. 著作権のみに依存しない創作支援制度の創設・強化


以上4点が柱となっている。

著作権について、一言ある人は、こういった団体を通じて、意見表明してみるのも一案かも知れない。うまく行けば、一人で活動するよりもより大きな影響力を発揮できるかも知れない。
なお、先日、このブログにコメントを下さった、音楽家の生方氏も、このフォーラムの発起人の一人になっている。

えー、私はというと、勤め先が出版社ということもあり、所属を明らかにしたうえでこのようなパブコメに応募するのはいささか憚られるので、このブログでぐだぐだと書きたいことを書き続けることにする。

私は、「著作者人格権だけ保護されていたら、もうどうなってもええわ」という感じだ。コピーされようが、P2Pで送信されようが知ったこっちゃない。でも、創作者を傷つけるような改変や流通は絶対に許されないと思っている(創作者がP2Pで流通させられるのは嫌だと言ったなら、やらないのが大人というものだろう)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック