ヨドバシカメラでポイントで買い物をして、現金でおつりをもらった話

おつりがもらえたのも驚いたが、ポイントが1円から使えるというのにも驚いた。ポイント1円分なんて本当に使う機会が巡ってくるとは思わなかった。1円分しかないポイントから1円分だけ使うというのではない。たくさんたまったポイントの中から、支払いの一部として、1円分だけ使ったのだ。
思い起こせばもう10年以上ヨドバシカメラのポイントを利用してきたのだが、1円だけ使うなんて、これは今回、初めての経験だ。しかもポイントを使った買い物のおつりが現金でもらえてさらに驚いた。

昨日、知人へのお祝い品としてデジカメを1台買った。その金額が 34,001 円。こういうときに限って財布の中に1円玉が無い。10円玉もない。ポイント制の弊害というか、1円だけ安くしてというわけにもいかない。値切ったら今回の買い物のポイントがまったくつかなくなる。
仕方無しに万札4枚を出したところ、店員さんが教えてくれた。「お客さん、ポイント貯まってますから、ここから1円分だけ使えばいいんですよ」。
理論上はそれは可能なのだろうけれど、システム的に可能になっているとは夢にも思っていなかった。

・貯まったポイントを使い切って、それでも足りない部分を現金で支払う
・現金で支払って足りない部分をポイントで支払う
この2パターンは当然可能だと思っていた。

しかし、今回のように、
・現金とポイントを使い、おつりを現金でもらう
ということが可能だとは想像していなかった。
下手をするとポイントを現金化するのに使えてしまいそうだからだ。
きっと「ポイントの枠内からは現金のおつりを出さない」というようなルールでもあって、それに抵触しなければ OK ということなのだろう。
今回の事例に当てはめて考えると、34,001円の商品を買って、現金を1円だして、ポイントを40,000円分使って、おつりを6,000円もらう、というのは NG のはずだ(例が極端すぎるか?)。

こういう事態を予め想定して設計してあるヨドバシカメラのポイント制度・システム、なかなか侮れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック