Python でも CSV

前日のエントリで、どうもまた自身の無知をさらけ出してしまったようだ。
Perl には CPAN という大きな情報資産があって、これがある限り、そう易々と他の言語には移れないと書いた。そして、その例として、CSV_XS モジュールを引き合いに出した(厳密には話の展開は逆。CSV_XS の話から、CPAN、Perl へと話は広がった)。

しかし、現実には、Perl の CSV_XS モジュールと同等の機能を持つ、CSV モジュールが、Python には標準で備わっていた。
Python なら一発で問題解決だったのだ。

日頃使い慣れない Python を使って、変な落とし穴に落ちても困るので、目の前の問題にはとりあえず Perl で対処したが、その変な落とし穴さえなければ、Python のほうがずっと楽だったように思える。
プログラミングには、日頃から、引き出しの数を増やしておくことが大事だと改めて思い知らされた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック