文字化け事例 「サキヤマ」さんですか? いいえ「トクヤマ」です。

名簿を調べていて、興味深い事例が見つかったので、例によって、フィクションを織り交ぜながら許される範囲で紹介する。
名簿の中に「崎山」さんという人がいた。普通に考えて「サキヤマ」さんだ。しかし、フリガナは「トクヤマ」となっている。「崎」と書いて「トク」と読ませるという可能性も無いわけではないが、気になったので調査してみた。

このデータが見つかったのは本当に偶然。名簿データの文字化けその他を調査する過程で、肉眼でチェックをしていてら、たまたまふと気になったというレベルだ。

紙ベースの原本を探し出して、他の属性を元に本人を特定し、名前を照合するところから作業開始。
すると、この人は「トクヤマ」さんで正しいということが分かった。そして、ヒントになりそうな情報として、漢字で書くと「徳山」なのだが、「徳」の字が例によって、横棒の一本多い「徳」(つくりの心の上に一本横線が入る)の字だったのだ。

ここから先は想像半分だが、何らかの事情で、この一本多い「徳」の字を印刷しなければならない事情があって、ユーザー外字を作ってしまったのだろう。そして、他のパソコンではタツ「崎」(崎のつくりの上半分が大ではなく立になっている)の外字を作って同じコードに登録したのだろう。
そして、システム移行などがあって、文字をコンバージョンする際に、問題の文字コードをすべてJIS第1水準の「崎」に変換してしまったのだ。

安易にユーザー外字を使うとこういうことになるという、いい事例が見つかってよかった。
(←嘘。ぜんぜん良くない)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック