お風呂の王様にてソフトウェアの構想を練る

サーバーが停止しているのを上司に報告し忘れたり、定時のデータ作成を忘れたりと、ここ数日、業務上のポカが続いている。寝る時刻を早くしてみたり、糖分摂取量を増やしてみたりしたのだが、どうも効果が出ない。
ならば、ここは気分転換が一番だろうということで、会社帰りにスーパー銭湯「お風呂の王様」に行ってきた。

平日の夕方ということで、極端に混むでもなく、がら空きというでもなく、まあちょうど気持ちよく入浴できるくらいの混み具合だった。
低温の高濃度炭酸湯に延々とつかって、リラックスしながら、結局考えてしまうのはプログラミングのことばかり。
次の JanusDG では、公開鍵暗号だけが使えるバージョンと、対象鍵暗号だけが使えるバージョンと、両方使えるバージョンと、3つのバージョンを用意しようとか、どのバージョンでも複数ファイルの暗号化、復号はできるようにしようだとか。どこまで実現できるのかは今のところわからないが。
それに、次期バージョンの名前はどうしようかとか。

この前は、道後温泉で構想を練ったから、DouGo の「D」と「G」をとって、JanusDGだった。
なら今回はお風呂の王様で構想を練ったから、OfuronoOusamaの「O」と「O」を取って、JanusOO(ダブルオー)か? いや、いくらなんでも、これは嫌過ぎる。そりゃ確かにガンダム世代ではあるが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック