C++ Builder の新バージョンが出るらしい

C++Builder 2009 というのが、今週早々に発表されるそうな。Unicode対応になるのが、バージョンアップの目玉だとか。また文字コードの話なのかと脱力しかけたものの、そういえば、C++ Builder 6 以降、全然バージョンアップ版を買っていない。バージョンアップの案内は届くのだろうか。
届いたとして、C++ Builder 2009 は買う価値があるのだろうか。

Windows 環境では、Visual Basic が .NET 対応してしまったので、WIN32アプリを書くための RAD 環境が CodeGear の物以外は事実上無くなってしまっていた。その CodeGear の製品も最近は .NET 対応に力が注がれていてどうも自分には納得のいかない状況だった。
今回のリリースで、そのあたり、どの方向に舵が切られるのか、興味津々だ。

その前に C++ の文法を思い出しておかないと。
しばらく、ECMAScript と Perl とC ばかりで仕事をこなしていたもので、C++ なんてすっかり忘れてしまっている。
これが、本職のプログラマさんと比べて辛いところだ。毎日プログラムを書いているわけではないので。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック