EMONSTER に普通のヘッドホンをつなぐ

買った人ならわかると思うが、EMONSTER には普通のヘッドホン端子がない。なので、音楽などを聴こうとすると、変態ミニ USB 端子に専用のヘッドホンを繋ぐしかない。日ごろ、iPod nano も持ち歩いているので、ケーブルのじゃらじゃらしたヘッドホンを二つも持ち歩くのは嫌だと思い、EMONSTER 用のヘッドホンは自宅に放置していた。

しかし、先日、EMONSTER 用のイヤホンジャック変換コネクタがあると知り、安いものなので早速入手してみた。
(Amazon アフィリエイト用の写真をここに貼って、ブログの見栄えを少し良くしてやろうかとも思ったのだが、980円と本当に安い商品のせいなのか、Amazon アフィリエイトのメニューに当該商品が出てこなかった。残念)。

買ったのはブライトンネットの販売している「ミニ USB/イヤホンジャック 変換コネクタ」という商品。その名のとおり、EMONSTER のミニ USB 端子を一般的な 3.5mm ステレオミニプラグイヤホン端子に変換するコネクタだ。長さは8センチ程度の小さなもの。そりゃ、単なる変換コネクタだから、こんなものだろう。
ヘッドホンで音楽を再生する分には、まあ満足のいく商品だった。
単機能の商品なので、「これを使うと普通のヘッドホンが使えて便利ですよ」という以上のものでも以下のものでもない。

ただし、EMONSTER には、ミニ USB 端子が一つしかないので、この変換コネクタを挿してしまうと、USB 経由でパソコンと連携することができなくなってしまう。充電もできない。
EMONSTER は bluetooth の活用を念頭に置いた端末ということなのだろうか。

あと、細かいことだが、この変換コネクタ、スタイラスの取り出し口と微妙に干渉する。このコネクタを挿している限り、スタイラスが抜け落ちる心配がないので安心だ。
などと、笑顔で言えるわけはない。どこで製造した商品か知らないけれど、安いからといって手を抜くのではなく、このあたり、しっかり設計してほしかった。ヘッドホンを挿したらスタイラスを取り出せないなんて...(泣)。

ま、普通のヘッドホンが使えるのだから、それで十分に満足はしているのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック