Sumatra PDF viewer 9.0 の日本語対応状況を確認

Sumatra PDF viewer 9.0 では、フォントを埋め込んでいない日本語PDFファイルをうまく表示できないということは、以前の記事でも紹介した。どうすればこの問題が解決するのか、少し調査をしてみたので報告。
結論から言うと、対処方法が今のところわからない。

これまでのバージョンのように、環境変数のCMAPDIRをセットする方法では、日本語PDFはうまく表示できなかった。文字が全部化けてしまう。コードがかなり書き換えられているようだ。
で、実際のそのあたりのコードを追いかけてみると、日本語対応(厳密にはCJK対応かな?)を意識したコードが新たに多数追加されていた。CMAPDIRを参照しなくても、Adobe-Japan-1あたりには最初から対応できているのだ。それは素晴らしいのだが、なぜかフォントを選択する段階で、日本語フォントではないフォントが選択されるようになってしまっている。このあたり、調査がまだ進んでいないのだが、このあたりのフォント選択の部分を調整すれば、日本語表示が可能になりそうだ。

と、本日のところは、中間報告のみ。あしからず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック