タブ区切りのCSV

今日、会議でこういう言葉を聞いた。
「タブ区切りのCSV」。
なんじゃそりゃ、と思ったのだが、誰もそこにツッコミを入れることなく会議が進行していく。この程度のことは気にしないなんて、みんな大人だなと思ってはみたが、やはり気になるので、会議の後で、話の通じそうな人に「タブ区切りのCSVって、言いたいことは分からないでもないですが、おかしくないですか」と質問してみた。

返ってたのは、「そりゃ、言葉としてはおかしいですけど、普通に通じますよ」と、ものすごく大人な答えだった。
「むしろ、KakiharaさんのおっしゃるTSVという言葉のほうが一般的ではないです」ですと。

余計なことかもしれないが、一応分からない人のために、説明しておく。CSVとは「Comma Separated Values」の略だ。CSVのCは「Comma」のCなのだ。カンマ区切りだからCSVなのだ。
タブ区切りは厳密にはTSV ( Tab Separated Values )というのが正しい。しかし、相手に伝わらなければ会議にならないので、TSVという言葉に固執する私のほうが間違っている...ということでいいのか?

なお、現実の問題として、CSVの一番の悩みは、拡張子がcsvのままだと、Excelで開くときに郵便番号や電話番号が数値と認識され、頭の0が飛んでしまうこと。これがものすごく現実的に大きな問題になっている。これに対処するには、とりあえずファイル名の拡張子をcsv以外にするしかない(それだけで対応できるというのがまたすごい)。

次の悩みは、一言でCSVと言っても、文字コードをどうするかだとか、文字列をダブルクオーテーションで括るかどうかや、データ中にカンマが入った場合のエスケープ文字をどうするか、などといった部分については、細かい標準規定がないので、データをやり取りする前にお互い話し合う必要があるということだ。
このあたり、結構いい加減でもデータのやり取りができてしまったりするのだが、私のように名簿を扱っていると、思わぬ外字のせいで痛い目を見てしまったりする。いや、実に痛かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • CSVとTSV

    Excerpt: CSVとTSV Weblog: Ognacの雑感 racked: 2009-10-27 00:38