犬を買えますように

今日は七夕ということで、近所の商店街の企画として、それぞれの店が店先に七夕飾りを出していた。そしてお客さんが願い事を書いた短冊をぶらさげていく。そんな願い事の中に、表題のようなのがあった。
「犬を買えますように」
これは、間違えているのか正しいのか。学校の国語の試験なら×をもらってもしかたがないのだろうが、世相を見るに、本当に「買いたいけど買えない」というのが事実なのかも知れない。もっと悪い意味で、犬は「飼う」ものではなく今や「買う」ものなのかも知れないと思ってみたりもする。

全文検索システムでよく使われている、KakasiもChasenもMecabも、何のウォーニングも発せずにこの言葉を分かち書きしてしまうのだろうなと思うと、何か空しい気がした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック