「お電話ではお答えいたしかねます」について

お電話ではお答えいたしかねます」について
逆に、電話セールスする側の人のことを考えていて、最近読んだこの本「御社の営業がダメな理由 (新潮新書)」のことを思い出した。


これまでの営業推進本では、いかに凡人営業マンをスーパー営業マンに育て上げるかに主眼が置かれていた。しかし、この本は違う。営業マンは凡人であるという前提で、会社の業績を上げる方法が説かれている。
正直、この本で提案されている解決策(上司による面談、ポイントポイントにおける同行営業)がベストのものとは思えないのだが、問題提起は的を射ている。
凡人営業マンが成績を上げるには、足で稼ぐしかないのであって、それには会社を挙げて営業マンのフットワークを良くする策を講ずる必要があるのだ。

電話によるセールスも、「数をこなす」うえでは大事な手段であり、私のように門前払いをする客(?)も、「数をこなす」うえでは上客なのだ。少なくとも無駄話で時間を潰してからセールスを断ってくる客よりは。

さらにいうと、スパムメールの類も、「数をこなす」うえでは有力なセールスツールだったりするのだからしゃれにならない。受ける側からすれば迷惑でしかないのだが、何千分の一かでひっかかる人が今ですらいるらしいし、さらにその何千分の一かの人がまとまったお金を払ってくれるなら(実際そうだから)、スパム送信業は成り立つのだ。

立場を変えてみるとこういう話になるのだが...世の中、どこか間違ってるよな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック