PDFで縦書き明朝がゴシックに化ける怪

DTPのオペレータさんにお願いして、Ryumin-Lightで縦書きの文字を入れたPDFをInDesignで作成し、Acrobatでフォントの埋め込みを解除してもらった。今まではAdobe Readerでしか見たことがなかったこともあり、それだと普通に表示されるので、何も不思議を感じることはなかった。
ところが、同じPDFファイルなのに、sumatrapdf などで見てみると、Ryumin-Lightであるはずの文字がゴシックで表示されていた。
PDFファイルを精査したところ、なぜか、縦書きのRyumin-Lightに、「セリフなし」(明朝体独特のヒゲなどがないこと)とのフラグ設定がなされていることが分かった。
(参考画像がありません。出版前の書籍の内容を公にするわけにはいきませんので)

例によってAdobe Readerは、Ryumin-Lightを特別扱いするので、明朝っぽく画面表示できていたのだが、このフラグの設定状況からすると、ゴシックで表示するのが正しいように思える。
いや、それはそうだが、それ以前に、互換ビューアでも明朝で表示されてくれないと困る。

これは、互換ビューアががんばるよりも、InDesign側でがんばるべき問題だと思われた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「PDFで縦書き明朝がゴシックに化ける怪」について

    Excerpt: 「PDFで縦書き明朝がゴシックに化ける怪」について この件、よくよく調べたら、InDesignの問題ではないらしいことが分かってきた。濡れ衣を着せてしまって申し訳ない。 PDFをさらに精査したところ.. Weblog: 民芸的プログラミング ~ソフトウェア開発日記~ racked: 2008-02-26 23:45